サスティナブル

  1. 力を生かし、新たな活躍の場を与える。「中村牛」に見る食材への深い愛情

    ロシアによるウクライナへの軍事侵攻は、その理由はどうあれ力による現状変更であり、決して許されることではありません。戦争によって人々は平和な日常を突然奪われ、否応…

  2. ブランドの重みと膨大なノウハウを感じる ロイヤルの「ラッキーロッキーチキン」

    外食大手の“withコロナ”を見据えた業態開発が加速しています。前回は鳥貴族の新業態「トリキバーガー」を紹介しましたが、チキンを看板商品にした取り組みが目立つの…

  3. 危機の長期化で生まれてきた連帯の精神は フードロスの解決にも大きな力になるはず

    〜危機の長期化で生まれてきた連帯の精神はフードロスの解決にも大きな力になるはず〜食べられずに廃棄される食品や食べ残しの大量発生と…

  4. コロナウィルスによる社会不安が続く中で・・・

    〜コロナウィルスによる社会不安が続く中で注目される「ワタミの宅食」の食事支援策〜コロナウィルス禍の影響が拡大を続けています。開催…

  5. コロナウィルス禍がもたらした社会不安。外食が果たすべき貢献は?

    〜コロナウィルス禍がもたらした社会不安。外食が果たすべき貢献は、店を開け続けること〜コロナウィルスの感染拡大が社会に大きな不安をもたらし…

  6. 実現すべきサスティナビリティは共存共栄。

    〜実現すべきサスティナビリティは共存共栄。牛タンの「ねぎし」にその理想形を見る〜社会のサスティナビリティ(Sustainabilit…

  7. フードロス削減に技術を活用する食品メーカー

    〜フードロス削減に技術を活用する食品メーカー。その視点は外食企業でも不可欠になる〜こんにちは!透明資産コンサルタントの勝田耕司です。…

  8. 食産業にも求められる「サスティナビリティ」

    〜食産業にも求められる「サスティナビリティ」。その取り組みはブランド力を確実に高める〜こんにちは!ホスピタソン勝田耕司です。SD…

  9. SDGsは食産業にとっても重要なテーマ。

    〜SDGsは食産業にとっても重要なテーマ。その取り組みをわかりやすく伝えるのも大切〜こんにちは!透明資産コンサルタントの勝田耕司です。…

  10. 人類共通の課題になりつつあるフードロス。

    〜人類共通の課題になりつつあるフードロス。“元凶”とされてきたコンビニが動きはじめた〜こんにちは!透明資産コンサルタントの勝田耕司で…

  1. ゼロステージ・マーケティング

    コロナショック対策として、外食のテイクアウト強化は意義ある取り組み。
  2. SDGs

    食文化の観点から見た肉を扱う意義は 「食の原点」を見つめなおすことにある
  3. SDGs

    和牛は日本が誇る透明資産を世界に広め食のグローバル化を先導していく食材
  4. SDGs

    SDGsは食産業にとっても重要なテーマ。
  5. 透明資産とは?

    お店の評判をつくっているのは、商品ではなく「透明資産」!?
PAGE TOP