透明資産とは?

お客様の期待を裏切った「スシロー」の失点。透明資産の大切さを見つめなおす契機にしたい

コロナウィルス禍における外食の勝ち組とされてきた回転ずしチェーン「スシロー」で、このところ不祥事が続いています。

 

6月上旬に消費者庁から、期間限定商品のキャンペーンが「おとり広告」にあたるとして景品表示法違反の措置命令を受けました。それに続いて、生ビール半額キャンペーン中に多くの店で生ビールが品切れしていたことが発覚し、ネットで炎上する騒ぎになっています。

 

スシローは回転ずしチェーンの中でも商品のクオリティの高さは際立っており、そのお値打ち度は圧倒的です。加えてこの間、モバイルオーダーや非接触のサービスを充実させ、お客様が使いやすい店づくりに力を入れてきました。

 

それがコロナ禍でも高い支持を得てきた要因といえます。外食チェーンの中でも仕組みの完成度は群を抜いており、その点は高く評価されるべきと思います。

 

そしてもうひとつ、スシローの強みはマーケティングの巧みさであり、テレビCMの積極活用などでブランドイメージを高めてきました。今回はその販売促進、いわば得意であるはずのフィールドで失点してしまったわけです。

 

失点はいち早く業績に表れ、6月のスシローの既存店売上高は前年同月比97.5%になっています。4月は105.3%、5月は107.8%で、とくに5月は客数を前年比で10%以上伸ばしていましたから、失速は明らかです。そして、この背景におとり広告問題があることは間違いないでしょう。

 

一連の問題で一番いけないのは、お客様の「期待」を裏切ってしまったことです。これまでスシローは、商品にスポットをあてた積極的なキャンペーンを続けてきましたが、その目的はお客様の期待感を高めることにありました。そして、来店したお客様の期待を超える満足度を提供していたからこそ、好調な業績を維持することができたのです。

 

コロナ禍以降はとくに、外食という行動が制限されたことで、「せっかくの外食の機会に大きな満足を得たい」というニーズが高まる傾向にありました。同時に、お客様の期待も高まるわけで、それを裏切る結果になったことが最大の問題といえます。

 

お店に対する信頼とは、お客様が「あの店に行けば常に期待通りの、時には期待を上回る満足が得られる」と思っていただけていることを指します。そうした信頼の蓄積が、その店の「透明資産」をつくっていくのです。

 

スシローは外食業界の中でも、きわめて多くの透明資産を持っているチェーンのひとつですが、今回の問題はその資産の価値を傷つけることになってしまいました。

 

これを他山の石として、「わが店は、お客様の期待を上回る価値を提供できているか」を見つめなおしていただきたいと思います。

 

ー勝田耕司

関連記事

  1. 透明資産とは?

    未曾有の経営危機に苦しむ宿泊・観光業界で 目をひく「一の湯」の前向きかつ力強い動き

    〜未曾有の経営危機に苦しむ宿泊・観光業界で目をひく「一の湯」の前向…

  2. SDGs

    モスバーガーの透明資産は社会貢献への意識。それを象徴する新しいフラッグシップ店舗

    外食業界はこれまで多くの雇用を生み出してきましたが、コロナウィルス禍で…

  3. 透明資産とは?

    コロナ禍で本当に試されたのは透明資産の価値。そう考えることこそ前進するための原動力

    前回のコラムで、新型コロナウィルス禍で外食が取り組んだことを「顧客満足…

  4. ゲコノミ

    すべてのお客様を大切な存在と考えることが、ゲコノミニケーションにおけるサービスの鍵

    ゲコノミニケーションとは、お酒を飲む人(ノミ)と飲まない人(ゲコ)の間…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 透明資産とは?

    一人ひとりが「Well-Being」であること。 それこそがもっとも大切な透明資…
  2. 透明資産とは?

    自分自身を「こうありたい」ものにする。 それが組織の透明資産づくり出発点
  3. 透明資産とは?

    経営者の決断も、透明資産!?
  4. 透明資産とは?

    心と外部のスペースがともにWellな状態。 それがお客様の心をWellにしていく…
  5. 透明資産とは?

    食のSDGs実現に取り組むうえで注目したい食材のひとつが「肉」
PAGE TOP