透明資産とは?

丸亀製麺の大ヒット商品「うどん弁当」は 社会貢献への想いという透明資産が生んだ

トリドールホールディングスが展開するうどんチェーン「丸亀製麺」の好調ぶりが続いています。

2021年度上半期(4月~9月)の既存店売上高は前年比118%。客単価は前年比100%で、売上げの伸びはすべて客数増によるものです。下半期に入っても10月が102.4%、11月が101.4%と堅調です。

この好調さを支えているのが、コロナウィルス禍を受けて導入したテイクアウト商品「うどん弁当」です。

2021年4月に発売したうどん弁当は、10月までの半年間の販売数が1300万食という大ヒット商品になりました。21年度の上半期は、この商品だけで57億円の売上げを計上、売上構成比で10%を占めるまでになっています。

コロナ禍での苦境を乗り切るための商品という存在を超え、丸亀製麺の新しい主力商品となったのです。まさにピンチをチャンスに変えた、外食業界が誇るべき大きな成果と言えるでしょう。

考えてみれば、うどんほどテイクアウトに不向きな商品はありません。しかし「うどんはその場で食べてもらわなければ」という固定観念にとらわれていては、この商品は生まれなかったでしょう。

緊急事態宣言によって外食行動が制限されるなかにあっても、なんとかして自社の商品を味わってもらいたいという熱い想いと、そのためにできることはなんでもやろうという発想の転換。この2つが揃ったことが、画期的な商品開発につながったのです。

うどん弁当は丸亀製麺にとって売上げの柱となるだけでなく、チェーンの新しいブランドをつくる商品にもなっています。この秋には、うどん弁当を通じた社会貢献活動もはじめました。

トリドールホールディングスは1年ほど前から東京・品川区で、子ども食堂に食品を無償提供してきましたが、この秋には子ども食堂を利用する人および運営を支えている人々に対して、丸亀製麺のうどん弁当を無償提供しています。

「子供たちが丸亀製麺のことが大好きで、本格的なうどんを自宅でも食べたい」という声が多く寄せられたことに応えたもの。

同社では今後、こうした支援活動を積極的に進めていくとのことですが、そこでうどん弁当が大きな役割を果たすことは間違いないでしょう。そして、そのことが丸亀製麺のブランド力をさらに高めていくことになります。

テイクアウト専用容器の開発や販売スペースの工夫など、うどん弁当のヒットの要因はさまざまにありますが、最大の原動力は「自社の商品を通じて社会に貢献しよう」という想いの強さでしょう。

それこそが丸亀製麺の「透明資産」であり、全国800店を超える店数以上にこのチェーンを特別な存在にしているのです。

ー勝田耕司

関連記事

  1. ゲコノミ

    「食のユニバーサルデザイン」をめざす。 これがゲコノミニケーションの出発点

    お酒を飲めない(飲まない)人すなわち「ゲコ(下戸)」と、飲む人すなわち…

  2. 透明資産とは?

    感情を前に進むエネルギーに変えると それがかけがえのない透明資産になる

    感情を前に進むエネルギーに変えるとそれがかけがえのない透明資産にな…

  3. 透明資産とは?

    コロナ禍でワタミが打ち出した新戦略は同社の透明資産である「DNA」が生んだ

    コロナウィルス禍が広がって以降、外食大手の中でもっとも“withコロナ…

  4. 透明資産とは?

    自分自身を「こうありたい」ものにする。 それが組織の透明資産づくり出発点

    「Well-Being」になるための絶対条件である「よい人間関係」…

  5. 透明資産とは?

    外食業界で叫ばれるフードテック活用は「おいしさ」に直結しなければ意味がない

    コロナウィルス禍を受けて外食業界ではさまざまな“新ビジネス”が登場しま…

  6. 透明資産とは?

    飲食店を救うのは「キラーメニュー」。 いまこそ、その大切さを再認識しよう

    私は常々「店の透明資産を磨く」ことの大切さを提唱しています。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 透明資産とは?

    他人との比較ではなく自分自身の心地よさ。 それが本当の意味での幸福感をつくる
  2. ゲコノミ

    ゲコノミニケーションの本当の目的は 「幸福感」という普遍的な価値の追求
  3. 透明資産とは?

    感情を深く知り、感情と仲良くする。 そういう人の集まりが幸福感を生む。
  4. 透明資産とは?

    「トリキバーガー」の高い完成度は鳥貴族ならではの透明資産が生んだ
  5. 透明資産とは?

    外食業界で叫ばれるフードテック活用は「おいしさ」に直結しなければ意味がない
PAGE TOP