透明資産とは?

業態発想という透明資産が生み出した テンアライドの新業態「てんぐ大ホール」

感染者数が低下傾向にあるとはいえ、依然としてコロナウィルス禍は落ち着きを見せません。

 

いわゆる“ゼロゼロ融資”を受けて苦境をなんとか乗りきったものの、長引くコロナ禍で破綻に追い込まれる企業が出るなど、経営環境は好転しないままです。

 

外食マーケットも厳しい状況が続くなか、とくに苦しいのが居酒屋です。なかでも幅広い品揃えを持つ「総合メニュー型居酒屋」は、若者の酒離れもあって業績悪化に歯止めがかからない状況にあります。

 

繁華街に多かった空中階の店舗は、外出自粛やテレワークの浸透といった生活様式の変化に直撃されました。こうした店舗はコロナ禍が起こる前から過当競争による客数低下が目立っていましたが、コロナ禍による変化がその状況をさらに悪化させています。

 

これまで総合メニュー型居酒屋を主力に展開してきた企業は、食事主力の業態や専門店型の業態を開発するなど、こぞって“脱・居酒屋”に舵をきっています。

 

そうしたなかで注目したいのが、「旬鮮酒場 天狗」や「テング酒場」を展開するテンアライド㈱の動きです。最近開発した新業態「てんぐ大ホール」は、現在の業界トレンドとは逆に“総合型”の性格をより強めた業態。

 

既存業態の売れ筋メニューに加えて、炒飯やラーメンなどの食事メニュー、さらには定食なども揃えています。営業時間は11時30分~23時でクローズタイムなしと、いわゆる全時間帯稼働をめざした業態です。

 

実際に行ってみると、これはまさしくテンアライドならではの店だと強く感じました。「焼き餃子」や「サイコロステーキ」といった昔からの定番メニューは、さすがと思わせるクオリティの高さ。

 

焼き餃子は3個から注文でき、アジフライは1尾だけでなく半尾も選べるようにするなど、きわめて使い勝手のよい店になっています。

 

テンアライドは居酒屋業界で初めて株式上場を果たした先駆者ですが、業界でいち早く「業態発想」を取り入れた企業としても知られています。業態発想とは「どのように店を使ってもらうか」から店づくりを考えること。

 

創業者の故・飯田保氏はかつて外食専門誌のインタビューに答えて、「創業当時の客単価は800円。その金額でいかにお客様に満足していただくかを考えて、商品の品質やサービスを突き詰めていった」と語っていました。この明確な業態発想が、テンアライドが成長を遂げた最大の原動力だったのです。

 

てんぐ大ホールにも、そうした同社ならではの思想が感じられます。「顧客満足をどう高めるか」を起点にビジネスを考えるという企業マインドこそ、テンアライドの透明資産。それが、居酒屋市場に逆風が吹くなかにあっても独自の魅力を生み出しています。

 

ー勝田耕司

関連記事

  1. 透明資産とは?

    透明資産とは?

    透明資産とは?目には見えないけれど、〝人〟〝商品〟〝ノウハウ〟…

  2. 透明資産とは?

    WBC日本代表は全国民に感動と勇気を与え、チームの勝利という透明資産の価値を教えた

    日本を熱狂の渦に巻き込んだワールドベースボールクラシック(WBC)での…

  3. 透明資産とは?

    すべての人を「かけがえのない存在」と思う。 その気持ちこそもっとも大切な透明資産

    HYGGEであることが“健康経営”を実現し、結果として生産性を高め…

  4. 透明資産とは?

    コロナ禍でワタミが打ち出した新戦略は同社の透明資産である「DNA」が生んだ

    コロナウィルス禍が広がって以降、外食大手の中でもっとも“withコロナ…

  5. 透明資産とは?

    生業の飲食店の魅力「家族的なつながり」を取り戻すことこそ人手不足克服への第一歩

    新型コロナウィルス禍の終息と、それに伴う経済活動の復活によって、日本で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 透明資産とは?

    KFCの透明資産は商品に対するこだわり。コロナ禍はそれを磨く機会になった
  2. 透明資産とは?

    コロナ禍でも回転ずし2大チェーンは絶好調。 その原動力は、これまでに蓄積した透…
  3. サスティナブル

    ブランドの重みと膨大なノウハウを感じる ロイヤルの「ラッキーロッキーチキン」
  4. 透明資産とは?

    コロナ禍でワタミが打ち出した新戦略は同社の透明資産である「DNA」が生んだ
  5. 透明資産とは?

    飲食店を救う「思いやり」の気持ちと行動は ビジネスにかかわる人が共有する透明資産…
PAGE TOP