透明資産とは?

透明資産を磨いて、「0円戦略(ゼロセン)」を実践する。

ニューヨークのローラースケートカフェは、
時給は安いけれど求人が殺到するそうです。

昔、アメリカ・ニューヨークに、
「ローラースケート・カフェ」という伝説のお店があったそうです。

スタッフは、全員ローラースケートを履いて、
お客さまの周りを滑りながら接客するそうです。

その頃、日本では光GENJIが人気を博していた頃ですね。
ローラースケートは当時、最先端のファッションとも言えたのかもしれません。

僕が、1993年社会人になって東京から大阪に赴任した頃、

心斎橋の服屋さんが、
スタッフ全員ローラースケート履いていて驚いたのを記憶しています。

国内でも何度目かのブームを迎えていたのですね、、、

なぜ?ローラースケート・カフェは、伝説となっているのか?

それは、働いているローラースケート・スタッフが、
次々とショービジネスの世界へとデビューしていったからだそうです。

このローラースケート・カフェの時給は、
相場と比べると最低レベルでした。

でも、求人などしなくても、
「ローラスケート・カフェで働きたい!」という若者が殺到。

「ここで働けば、ショービジネスにデビューするチャンスが
早くつかめるかもしれない」

若者たちは、みんなそう思って、
ローラースケート・カフェに応募しました。

将来、スターになれるかもしれない!!という
高い志のスタッフが働いているお店だったのです。

このローラースケート・カフェには、
店員目当てのお客さまもたくさんやってきました。

ローラースケートカフェは、
広告費をほとんどかけなくても、お客さまで溢れる繁盛店になりました。

当時、SNSどころか、インターネット自体も、
全く普及していない時代でした。

そんな時代に、口コミのキッカケをつくる発想ができたことには、
このお店のプロデューサーに舌を巻かずにいられません。

これが、透明資産の「0円戦略(ゼロセン)」
のモデルと言っても過言ではありませんね。

「あのお店で働きたい!!」と、
多くの人たちに思ってもらえるような魅力を作る。

透明資産経営という視点で、
とっても大切なことですね。

ー勝田耕司

関連記事

  1. ゼロコスト戦略

    大垣書店京都本店で透明資産を使ったゼロコスト戦略ミニセミナー開催しました。

    2020年1月30日、大垣書店京都本店にて、『新発想ゼロコスト戦略』ミ…

  2. 透明資産とは?

    「新発想ゼロコスト集客術」発売記念セミナー開催

    この度、東京・八重洲ブックセンター八重洲本店様で、「新発想ゼロコスト集…

  3. サスティナブル

    人類共通の課題になりつつあるフードロス。

    〜人類共通の課題になりつつあるフードロス。“元凶”とされてきたコン…

  4. サスティナブル

    コロナウィルス禍がもたらした社会不安。外食が果たすべき貢献は?

    〜コロナウィルス禍がもたらした社会不安。外食が果たすべき貢献は、店…

  5. ゼロコスト戦略

    激変する飲食店とWeb媒体の関係。 SNSでの「透明資産」の発信が不可欠に

    激変する飲食店とWeb媒体の関係。SNSでの「透明資産」の発信が不…

  6. サスティナブル

    コロナウィルスによる社会不安が続く中で・・・

    〜コロナウィルスによる社会不安が続く中で注目される「ワタミの宅食」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. SDGs

    SDGsは食産業にとっても重要なテーマ。
  2. 透明資産とは?

    飲食店を救うのは「キラーメニュー」。 いまこそ、その大切さを再認識しよう
  3. 透明資産とは?

    ポイントは「お出迎え」と「お見送り」。 笑顔での応対が再来店の決め手になる
  4. サスティナブル

    危機の長期化で生まれてきた連帯の精神は フードロスの解決にも大きな力になるはず
  5. 透明資産とは?

    スタッフのお店への愛着や強い思い。 それを知っていただける発信に努めよう
PAGE TOP