透明資産とは?

鳥貴族の新業態「トリキバーガー」に 感じる、この会社ならではの透明資産

 

コロナ禍の緊急事態宣言が9月30日で解除されました。医療体制の逼迫など、いまだ予断を許さない状況ではありますが、経済の本格的な回復に向けた動きは少しずつ出てきています。飲食店にもやっと、未来への展望が見えはじめました。

 

大手企業を中心に、外食業界ではこの間“withコロナ”の時代を見据えた新しい業態や新事業を模索する動きが続いています。そうしたチャレンジの真価がこれから問われることになりますが、その成否を左右するのは「透明資産」だと思います。その企業や店ならではの強み、すなわち透明資産が成功の鍵になるはずです。

 

たとえば、居酒屋チェーンの「鳥貴族」が8月にオープンしたハンバーガーの新業態「トリキバーガー」。

 

 

展開発表から5ヵ月、満を持してのオープンということで注目を集めましたが、ここには鳥貴族がこれまで蓄積してきたノウハウや、この企業ならではの思想、さらにいえば経営理念が盛り込まれています。居酒屋とファストフード、業態は違えど“鳥貴族らしさ”は共通なのです。

 

まず感心するのは商品のクオリティです。看板商品の「トリキバーガー」は鶏胸肉を使いながらきわめてジューシーに仕上がっていて、これは鳥貴族の「トリキの唐揚」で品質向上の取り組みを続けてきた成果でしょう。

「焼鳥バーガー~てりやき~」は焼きあげた鶏モモ肉とタレの相性がよく、既存のファストフードの商品としっかり差別化できています。

 

もちろんベースにあるのは食材のクオリティの高さで、鶏肉は100%国産を使用。まさしく鳥貴族ならではのマーチャンダイジング力が生かされていると言えるでしょう。

 

さらに感心するのは、6品あるチキンバーガーは単品390円、ポテトとドリンク付きのセットは590円(いずれも税込み)に統一している点です。

 

6品あるモーニングセットも490円均一、ポテトやエッグタルトなどサイドメニューも190円均一という設定。

 

お客様の選びやすさを最優先したこの価格設定は鳥貴族に通じるものですが、これまでのファストフードにはなかった考え方です。もちろん、コストパフォーマンスもきわめて高いものがあります。

 

コロナ禍を受けて、お酒主体の業態から食事主体の業態へ転換する動きが顕著です。トリキバーガーもその流れにありますが、ここで注目したいのは、業態が変わっても「どのような顧客満足を提供するか」という企業としての考え方は不変であることです。

 

商品は選びやすく、どれもおいしい。トリキバーガーで得た満足感は、鳥貴族に通じるものでした。

 

これこそが鳥貴族という会社の強みであり、最大の透明資産であると思います。

 

ー勝田耕司

関連記事

  1. SDGs

    SDGs実現には事業が存続することが前提。 差別化しつつ、できることはなんでもやろう

    〜SDGs実現には事業が存続することが前提。差別化しつつ、できるこ…

  2. サスティナブル

    ブランドの重みと膨大なノウハウを感じる ロイヤルの「ラッキーロッキーチキン」

    外食大手の“withコロナ”を見据えた業態開発が加速しています。前回は…

  3. 透明資産とは?

    透明資産とは?

    透明資産とは?目には見えないけれど、〝人〟〝商品〟〝ノウハウ〟…

  4. 透明資産とは?

    感情を深く知り、感情と仲良くする。 そういう人の集まりが幸福感を生む。

    感情を深く知り、感情と仲良くする。そういう人の集まりが幸福感を生む…

  5. 透明資産とは?

    HYGGEな職場はお互いを大切にする。 それが透明資産を生み、生産性を高める

    幸福感を感じながら仕事をすれば、生産性が高まる。このことを実証する数字…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. サスティナブル

    ブランドの重みと膨大なノウハウを感じる ロイヤルの「ラッキーロッキーチキン」
  2. 透明資産とは?

    未曾有の経営危機に苦しむ宿泊・観光業界で 目をひく「一の湯」の前向きかつ力強い動…
  3. 透明資産とは?

    感情を前に進むエネルギーに変えると それがかけがえのない透明資産になる
  4. 透明資産とは?

    ポイントは「お出迎え」と「お見送り」。 笑顔での応対が再来店の決め手になる
  5. 透明資産とは?

    コロナ禍でワタミが打ち出した新戦略は同社の透明資産である「DNA」が生んだ
PAGE TOP