透明資産マーケティング

SNSでファンの心を掴むシェイクシャック。 情報発信でもセンスが問われる時代に

飲食店は「待ちの商売」とよく言われます。確かに、店を構えてお客さまが来てくださるのを待つのが飲食店の基本スタイル。

だからこそ、コロナウィルス禍で街から人の姿が消えてしまったことが飲食店の経営に大きな打撃を与えました。

緊急事態宣言解除後に街の人出は戻りましたが、飲食店の客数回復の足取りは遅いままです。この状況下では「待ち」から「攻め」へ転換すべきということで、デリバリーに力を入れるケースが目立っています。

それも確かに必要なことですが、もうひとつ重要な「攻め」が積極的な情報発信です。

お店の存在を忘れないでいてもらうことが情報発信の目的ですが、それが単なる宣伝に終わってしまってはいけません。

前回「スターバックスコーヒー」のSNS発信の例でお話ししたように、お客さまにとって役立つ内容、興味をかきたてるような内容になっている必要があります。それでこそ情報の注目度も高まります。

グルメバーガーブームの立役者である「シェイクシャック」もまた、SNSによる情報発信で注目すべき事例といえます。

5月には、公式フェイスブックでオンライン料理講座の開催を案内。たびたび来日してイベントにも参加している米国シェイクシャックのカリナリーディレクター、マーク・ロザッティ氏がフィラデルフィアの名物料理「チーズステーキ」のシェイクシャック風アレンジを紹介しました。

6月にもロザッティ氏が登場し、シェイクシャックの定番メニュー「チーズフライ」にかかっているチーズソースのレシピを紹介。家庭で気軽につくれる特別レシピを公開し、実際につくってみたお客さまにレポートを投稿していただくよう呼び掛けています。

7月に入ってからは、シェイクシャックのハンバーガーを描いた可愛いタッチのイラストを投稿。これもお客さまに「#shackart」のハッシュタグを付けてイラストを投稿していただくよう呼び掛け、投稿された作品をSNS上でシェアしています。

シェイクシャックのSNSでは、お店の営業状況やモバイルオーダーの案内、季節メニューの紹介など営業に関することも多く紹介されています。

しかしそれだけでなく、お客さまとの双方向のコミュニケーションを大きな目的として位置づけ、その目的に沿った情報発信を続けていることが熱心なファンづくりに大きな効果を発揮しているのです。

いかにお客さまの心を摑めるか。メニューやサービスだけでなく、情報発信でもセンスが問われる時代になってきました。

ー勝田耕司

関連記事

  1. 透明資産とは?

    HYGGEとは「自然」であること。 自然な状態をつくるものこそ透明資産

    HYGGEが人々の重要な価値観になっているデンマークに、あなたはど…

  2. 透明資産とは?

    キラーメニューの存在こそ成功の鍵。 それを実感させられる外食大手の新業態

    コロナウイルス禍で厳しい状況が続く外食業界ですが、「Withコロナ」の…

  3. サスティナブル

    危機の長期化で生まれてきた連帯の精神は フードロスの解決にも大きな力になるはず

    〜危機の長期化で生まれてきた連帯の精神はフードロスの解決にも大きな…

  4. ゼロコスト戦略

    東海ラジオ放送出演してきました!『新発想ゼロコスト集客術』1周年記念。

    こんにちは!勝田です。先月7月は、拙著『新発想ゼロコス…

  5. 透明資産とは?

    スタッフのお店への愛着や強い思い。 それを知っていただける発信に努めよう

    これまで本ブログでお話ししてきたように、「透明資産」は、そのお店の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. サスティナブル

    コロナウィルス禍がもたらした社会不安。外食が果たすべき貢献は?
  2. ゼロコスト戦略

    『透明資産』を使って、『ゼロコスト戦略』を実行する。
  3. 透明資産とは?

    CoCo壱番屋と地元高校生とのコラボ。 そこで得た地域との結びつきこそ透明資産
  4. ゼロコスト戦略

    激変する飲食店とWeb媒体の関係。 SNSでの「透明資産」の発信が不可欠に
  5. ゼロコスト戦略

    東海ラジオ放送出演してきました!『新発想ゼロコスト集客術』1周年記念。
PAGE TOP