透明資産とは?

「いわきスポーツクラブ」の応援を通じて ビジネスと人生の目的を確認し続けたい

「スポーツを通じて社会価値を創造し、いわき市を東北一の都市にする」。

このビジョン実現のために、いわきスポーツクラブは明確なストラテジーを掲げています。それは以下の5つです。

・スポーツファシリティの運営と整備

・地域との一体化

・未来を担う人材の育成

・世界基準のチームビルディング

・「魂の息吹くフットボール」で熱狂空間を創出する

 
これらはサッカーというスポーツの枠を越えて、あらゆるビジネスを成功に導き、さらには社会を豊かにするために大切なものを示していると思います。そして私は、前回のコラムでもお話した通り、とりわけ外食ビジネスと共通するものを強く感じるのです。

サッカーにおける成功とは何かと聞かれれば、多くの人は「まず試合に勝つこと」と答えるでしょう。では飲食店における成功とは何かと聞かれれば、「繁盛して高い売上げをあげること」あるいは「周囲の飲食店よりも多くのお客様を集めること」という答が多いと思います。そして、それは決して間違いではありません。

ですが、それは成功の一断面に過ぎません。さらにいえば、それだけでは本当に成功したとは言えないのです。大切なことは「何を実現したいのか」という目的です。

サッカークラブの運営、飲食店の経営を通じて実現したいことは何か。何をもって社会に貢献したいのか。これらが明確になっていなければ、サッカークラブも飲食店も社会的な存在意義を失ってしまうと思います。

もちろん、いわきスポーツクラブも一つの試合に勝利することに徹底してこだわっています。しかし勝利それ自体が目的なのではなく、ストラテジーにある「熱狂空間」の創出や、「地域との一体化」を実現するためにこそ、一つの勝利を追い求めているのです。

飲食店の繁盛も同じことが言えます。多くのお客様に喜んでいただけてこそ、スタッフは働く喜びや人生における幸せを感じることができます。繁盛することは、その店が地域になくてはならない存在になった結果です。繁盛それ自体が目的なのではありません。

いわきスポーツクラブが掲げるフィロソフィーと、その実現のためのストラテジーは、あらためて私に「ビジョンを掲げること」の大切さを教えてくれました。

折しもコロナウィルス禍で、あらゆるビジネスがその存在意義を厳しく問われています。いわきスポーツクラブの応援を通して、自分自身のビジネスの目的、さらに言えば人生の目的を常に確認していきたいと思っています。

ー勝田耕司

関連記事

  1. ゼロステージ・マーケティング

    コロナショック対策として、外食のテイクアウト強化は意義ある取り組み。

    〜外食のテイクアウト強化は意義ある取り組み。店の存在を忘れないでい…

  2. 透明資産とは?

    「たすけてください」の文字に込めた思い。 竹内酒造が実践した透明資産マーケティング

    「思いを伝える」ことが情報発信の目的とすれば、これほどストレートかつ効…

  3. ゼロコスト戦略

    激変する飲食店とWeb媒体の関係。 SNSでの「透明資産」の発信が不可欠に

    激変する飲食店とWeb媒体の関係。SNSでの「透明資産」の発信が不…

  4. サスティナブル

    コロナウィルス禍がもたらした社会不安。外食が果たすべき貢献は?

    〜コロナウィルス禍がもたらした社会不安。外食が果たすべき貢献は、店…

  5. 透明資産とは?

    〜この状況下で業績絶好調のマクドナルド。 危機で問われるのは企業が蓄積した底力〜

    〜この状況下で業績絶好調のマクドナルド。危機で問われるのは企業が蓄…

  6. 透明資産とは?

    人生の「目的」と「目標」を一致させる。 その幸福感こそが「透明資産」をつくる

    Well-Beingすなわち幸福であるために何が必要か。この問いかけを…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. SDGs

    SDGs実現には事業が存続することが前提。 差別化しつつ、できることはなんでもや…
  2. サスティナブル

    コロナウィルス禍がもたらした社会不安。外食が果たすべき貢献は?
  3. SDGs

    食産業にも求められる「サスティナビリティ」
  4. ゼロコスト戦略

    お客さまへの強い思いこそ最大の透明資産。 厳しい中でも、その資産を守り抜いてほし…
  5. 透明資産とは?

    未曾有の経営危機に苦しむ宿泊・観光業界で 目をひく「一の湯」の前向きかつ力強い動…
PAGE TOP