透明資産とは?

「たこ焼きは、人を幸せにする商品」。 この想いこそ「築地銀だこ」の透明資産

コロナウィルス禍による外食控えもあり、
この2年ほどの間に急拡大したのがテイクアウトの市場です。

 

ファストフードなど従来からテイクアウトニーズを
積極的に吸収してきた業態に加えて、
さまざまな店がこのマーケットに参入しました。

 

唐揚げのように急速に
“レッドオーシャン化”したジャンルもあるなか、

 

コロナ禍で安定した支持を得てきた商品に
挙げられるのが「たこ焼き」です。

 

たこ焼きチェーンの最大手である「築地銀だこ」は、
コロナ禍が本格化した2020年4月以降も既存店売上げは
それほど大きく落ち込んでいません。

 

昨年10月は前年比94.1%、
11月は98.2%という数字でしたが、

 

これは前年の同月がGo To トラベルキャンペーンの
地域共通クーポン開始などで前年比108.8%、
107.5%と大幅に伸びたことの反動。

 

コロナ禍前と比較しても既存店売上げは伸びており、
固定客をしっかりと摑んでいることがわかります。

 

築地銀だこは、たこ焼きを主力商品として初めて
本格的なチェーン化に取り組んだ先駆者というべき存在です。

 

主食材であるタコの品質へのこだわり、
揚げ焼きの考え方を取り入れた調理法による差別化と、
均質化のためのトレーニングの徹底。

 

そうした取り組みによって築地銀だこは、
たこ焼きという商品の位置づけを変え、
マーケットを大きく広げました。

関西以外ではお祭りや縁日、
観光地といった非日常の場で食べるものだったたこ焼きを、

普段の生活の中で楽しむ商品へと変えたのは、
間違いなく築地銀だこの功績です。

 

そしてもうひとつ見逃せないのが、
たこ焼きという商品が持つ潜在力に注目したこと、
それを引き出し、磨いたことです。

築地銀だこを展開する
㈱ホットランドの佐瀬守男社長は、

かつて外食専門誌のインタビューで
次のように語っていました。

「たこ焼きを買う時のお客様って、
みんな優しい気持ちなんですよ。

たこ焼きは自分のためというより、
誰かのために買うことが多いでしょう。
家族や親しい人へのお土産にしたり。

そういう商品を売りたいと思ったのが、
築地銀だこをはじめた理由なんです」

たこ焼きには人を幸せにする力がある。

これこそが商品の持つ潜在力と位置づけ、
その力を品質向上への取り組みによって磨き続けたことが、
築地銀だこを唯一無二のチェーンに育てたのです。

外食ビジネスにおいて、
自らの商品に誇りを持つことは成功の絶対条件であり、
その誇りこそが「透明資産」です。

誇りとは「自信」とも言い換えられますが、
決してそれだけではありません。

築地銀だこのように、
商品に込めた「想い」も誇るべきものです。

そしてその誇りは、
お客様が店を選ぶ最大の理由になるのです。

ー勝田耕司

関連記事

  1. 透明資産とは?

    賃上げ、価格アップの流れを定着させるには「チームとして勝つ」という考え方が不可欠

    バブル経済崩壊以降30年にわたって続いた日本の悪しき流れがいま、大きく…

  2. 透明資産とは?

    透明資産について

    透明資産って、具体的にどんなことものがあるんだろう・・・例…

  3. 透明資産とは?

    HYGGEな職場はお互いを大切にする。 それが透明資産を生み、生産性を高める

    幸福感を感じながら仕事をすれば、生産性が高まる。このことを実証する数字…

  4. 透明資産とは?

    感情を深く知り、感情と仲良くする。 そういう人の集まりが幸福感を生む。

    感情を深く知り、感情と仲良くする。そういう人の集まりが幸福感を生む…

  5. 透明資産とは?

    お客様の期待を裏切った「スシロー」の失点。透明資産の大切さを見つめなおす契機にしたい

    コロナウィルス禍における外食の勝ち組とされてきた回転ずしチェーン「スシ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. hospitason cafe

    リソースとは誰もが持っているものであり 人類が進化の過程で獲得した「透明資産」
  2. 透明資産とは?

    〜この状況下で業績絶好調のマクドナルド。 危機で問われるのは企業が蓄積した底力〜…
  3. 透明資産とは?

    「たすけてください」の文字に込めた思い。 竹内酒造が実践した透明資産マーケティン…
  4. 透明資産とは?

    自助、共助、公助がチームの勝利に不可欠。スタートは「個人の透明資産」を磨くこと
  5. 透明資産とは?

    スタッフのお店への愛着や強い思い。 それを知っていただける発信に努めよう
PAGE TOP