hospitason cafe

「ハピネス・アドバンテージ」こそ透明資産。 脳を前向きにする最大のエネルギーになる

前回お話した「内発的モチベーション」とは、自分が描いた「人生の物語」の通りに物事が進んでいると実感することで生まれるモチベーションのことであり、前進のための最大のエネルギーです。

エネルギーには他に、周りの雰囲気に巻き込まれてやる気が向上する「テンション」や、誉められたり報酬をもらうといった「外発的モチベーション」がありますが、それらは短期的、中期的なものです。一方で内発的モチベーションははるかに長期的であり、持つことによって長期にわたり前進し続けることができます。

内発的モチベーションを持つために不可欠なのは、なりたい自分の姿を明確に描くことです。それこそが人生におけるビジョンであり、そのビジョン実現に近づいている、自分自身が成長していると実感することで、内発的モチベーションがさらに高まります。

ですから大切なことは、仕事や生活における具体的な「目標」と、自分自身の人生の「目的」とをつなげることです。そのためにまず、自らに以下の問いかけをしてみましょう。

①仕事や生活においてどんな目標を持っていますか?
②あなたのHUMANBEINGとどんな結びつきがありますか?
③つながりを意識すると、自分にどんな変化がありますか?

これらを確認することがすなわち、目標設定のスタートなのです。人生の目的と合致する目標を立てること、その目標達成に向けて前進していくことこそ、本当の意味で生きがいややりがいのある人生をおくることにつながるからです。その中でも前出の2つめ、HUMANBEINGとの結びつきに注目してください。

これまで、幸福感を得ることは「Well-Being」であるとお話ししてきました。大事なのは、自分自身がWELLであると気づくことです。なぜなら、人間の脳は「ポジティブな気分の時にもっともよく働く」からです。

これは脳科学やポジティブ心理学における10年以上の研究結果からわかっていることです。悲観的な気分で営業の仕事に向かったり、試験に取り組んでもいい結果は出ません。逆に、幸福感を感じたり、自分はできると確信して物事に取り組めば、自ずとよい結果が出るものです。

このように、幸福感を持つことは「ハピネス・アドバンテージ」と呼ばれ、脳を前向きにする最大のエネルギーです。まさに人生における最大の「透明資産」と言えるでしょう。そして、その資産をつくっていくのは自分自身のリソース、すでに持っている知識や個性や人脈を生かすことなのです。

次回はそのリソースの中身と生かし方についてお話しします。

-勝田耕司

関連記事

  1. 透明資産とは?

    感情を前に進むエネルギーに変えると それがかけがえのない透明資産になる

    感情を前に進むエネルギーに変えるとそれがかけがえのない透明資産にな…

  2. 透明資産とは?

    賃上げ、価格アップの流れを定着させるには「チームとして勝つ」という考え方が不可欠

    バブル経済崩壊以降30年にわたって続いた日本の悪しき流れがいま、大きく…

  3. 透明資産とは?

    業態発想という透明資産が生み出した テンアライドの新業態「てんぐ大ホール」

    感染者数が低下傾向にあるとはいえ、依然としてコロナウィルス禍は落ち着き…

  4. 透明資産マーケティング

    野菜の自社栽培という決断をした壱番屋。 企業の前進を支えるのは大きなビジョン

    全国的な感染拡大が続くコロナウィルス禍が外食企業の経営に影を落とすなか…

  5. ゲコノミ二ケーション

    外食をとりまくすべての人々と連携してゲコノミニケーションの実践に取り組もう

    先日、大手ビール会社のアサヒビールが日本経済新聞にユニークな全面広告を…

  6. 透明資産とは?

    お客様が期待するものをきちんと提供する。 “売り”を明確にすることこそ外食復活の鍵

    全国各地に多くの観光客が訪れた今年のゴールデンウィーク。観光業は久々の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 透明資産とは?

    これまでと同じ価格で、より楽しんでいただく。その気持ちこそがサイゼリヤの好調を支…
  2. 透明資産とは?

    お客様の期待を裏切った「スシロー」の失点。透明資産の大切さを見つめなおす契機にし…
  3. 透明資産とは?

    全国各地の肉食文化は世界に誇る透明資産。それは食にかかわる人々の深い想いが生んだ…
  4. 透明資産とは?

    自ら飲食店を経営してみて実感した 「経営理念」と「透明資産」の大切さ
  5. 透明資産とは?

    飲食店を救うのは「キラーメニュー」。 いまこそ、その大切さを再認識しよう
PAGE TOP