透明資産とは?

「想い」を伝える透明資産マーケティングは外食大手が社会のインフラになる原動力

「想い」の強さが商品やサービスのクオリティを決め、それがお客様の満足度を大きく左右する。

 

これはあらゆるビジネスにおける鉄則ですが、とりわけ外食ビジネスでは店の競争力を決定する重要な要素になります。

 

その想いをどのように表現し、お客様にわかりやすく伝えていくかが成功のポイントになるのです。

 

前回のコラムで、想いとは店や企業の透明資産であるとお話ししました。つまり、想いを表現し伝えていくことこそが、私が提唱してきた「透明資産マーケティング」の本質です。

 

外食ビジネスにおいては、その具体的な手法は多岐にわたります。メニューづくりやサービス方法などにとどまらず、店づくり(外装や内装)、販売促進、広告宣伝など実にさまざまであり、これは外食ビジネスの特性と言えます。

 

そして、お客様の支持を継続して得ている店や企業は、いずれの手法においても想いをはっきりと伝えています。

 

たとえば、大手の外食チェーンが展開しているテレビCM。回転寿司でトップを独走する「スシロー」は、「旨いすしを、腹いっぱい」というチェーンのコンセプトを、ボリューム十分のネタが画面上で躍動するビジュアルによって明確に表現しています。

 

ハンバーガー最大手の「マクドナルド」は、コロナウィルス禍でも絶好調を維持していますが、それを支える要因のひとつが期間限定メニューの好調な売れ行きです。

 

見逃せないのが、商品自体のクオリティに加えて、商品それぞれに「ストーリー」を持たせていること。最新メニューの「サムライマック」のCMでは、幕末を舞台にしたドラマで商品の持つインパクトを表現しています。

 

レギュラーメニューにはない価値をお客様に体験してもらおうという想い、すなわち商品コンセプトをはっきりと伝えているわけです。

 

「ケンタッキー・フライド・チキン(KFC)」のCMコピー「今日、ケンタッキーにしない?」は、いまやチェーンのコンセプトを表現する言葉になりました。

 

クリスマスをはじめ、ちょっと特別な時に利用する店だったKFCを、ランチなど日常的な動機でも使ってもらえるようにしようというのが、このコピーに込められたそもそもの想い。

 

そして、頻度高く利用してもらうために店のレベルを高めたこと、すなわちQSCを磨き続けたことが、コロナ禍でもKFCが成長を続ける最大の原動力になったのです。

 

想いとは、お客様にどのような満足度を提供し、それによってどう社会に貢献していくかということです。

 

大手外食チェーンは、その想いを伝える努力を続けてきたからこそ、社会のインフラというべき存在になれたのだと言えるでしょう。

 

ー勝田耕司

関連記事

  1. 透明資産とは?

    「たこ焼きは、人を幸せにする商品」。 この想いこそ「築地銀だこ」の透明資産

    コロナウィルス禍による外食控えもあり、この2年ほどの間に急拡大した…

  2. 透明資産とは?

    「持続可能性」が経営の大テーマに。 永続性こそもっとも価値ある透明資産

    ロシアによるウクライナへの軍事侵攻に関するニュースが連日報じられていま…

  3. 透明資産とは?

    日本ならではの特別な外食体験。その価値を磨くことこそインバウンド本格回復の鍵

    先日の日本経済新聞に「インバウンド消費が本格回復の兆し」という趣旨の記…

  4. 透明資産とは?

    「いわきスポーツクラブ」の応援を通じて ビジネスと人生の目的を確認し続けたい

    「スポーツを通じて社会価値を創造し、いわき市を東北一の都市にする」…

  5. 透明資産とは?

    おいしさを追求する姿勢こそ「おもてなし」。それが店や企業の透明資産をつくっていく

    バブル崩壊以後30年以上にわたって低い水準に抑えられていた価格を引き上…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 透明資産とは?

    「お客様のためになったのか」という視点からコロナ禍での取り組みを見直すことが出発…
  2. ゲコノミ二ケーション

    「ゲコノミニケーション」の実践こそこれからの時代の忘年会に求められる
  3. 透明資産とは?

    「想い」を伝える透明資産マーケティングは外食大手が社会のインフラになる原動力
  4. 透明資産とは?

    マクドナルドが訴える特別な体験=透明資産。それを磨くことが値上げのための必要条件…
  5. ゲコノミ

    これからは「ゲコノミ二ケーション」の時代。 飲食店こそが、その担い手になるべき…
PAGE TOP