透明資産とは?

コロナ禍を受け注目される朝食マーケット。そこで支持を得る決め手こそ透明資産

コロナウィルス禍がもたらした生活の変化のひとつに、人々の行動が“前倒し”になっていることがあります。

 

朝早く活動をはじめ、夜は早めに帰宅する。そうした変化の結果、居酒屋などディナー帯を主力とする外食の業態が苦戦を強いられてもいるわけですが、健康な生活をおくるということでいえば望ましい変化と言えます。そして、その傾向はこれからも変わることはないでしょう。

 

こうした変化を踏まえて、これから外食マーケットとして注目したいのが「朝食」です。

 

この分野で先行しているチェーンといえば、なんといっても「マクドナルド」でしょう。朝食メニューのジャンル名である「朝マック」は、マクドナルドで朝食をとることを意味する言葉として消費者の間に定着しています。

 

その要因は、外食チェーンの中で群を抜く朝食メニューの品揃えです。定番である「エッグマックマフィン」や「ソーセージマフィン」などのハンバーガーから、パンケーキやサラダなどサイドメニュー、それらを組み合わせたコンビメニューなど、メニュー数は実に40にのぼります。

 

バリューセットだけでも13種類あり。価格帯は350~730円。これは、朝食という時間帯でさまざまな利用動機、ライフスタイルへの対応をめざしているためです。お客様のニーズに寄り添うというマクドナルドの企業姿勢の表れであり、このことが顧客からの信頼という、マクドナルドの最大の透明資産を生み出しています。

 

新たに朝食に取り組んでいるチェーンの中では、ハンバーグレストランの「びっくりドンキー」が注目されます。朝食時間帯限定のメニューとして提供している「ミニマムバーグディッシュ」は、レギュラーメニューの定番であるハンバーグディッシュをミニサイズにしたもの。

 

小ポーションのハンバーグ、ごはん、サラダが一皿に盛り込まれていますが、びっくりドンキーならではのクオリティです。とくにごはんの品質の高さは、自社工場で精米から行なっているだけあり、さすがと思わせるもの。

 

具沢山の味噌汁も、朝食として食べるとさらに味わいが増すように感じられます。他にもトーストとサラダ、コーヒーのセットがありますが、これらも一切手抜きがありません。

 

品質に定評があるコーヒーは、自家焙煎ならではの香り高さで、まさに1日のスタートとして好適な一杯です。

 

主力であるハンバーグはもちろん、サイドメニューなど細部に至るまで品質に妥協しない。これがびっくりドンキーの企業姿勢であり、それが独自の透明資産を生んでいます。

 

朝食という、もっとも日常生活に密着したマーケットで支持を得るには、顧客からの信頼が不可欠。そして、透明資産こそがその信頼を生むのです。

 

ー勝田耕司

関連記事

  1. 透明資産とは?

    ポイントは「お出迎え」と「お見送り」。 笑顔での応対が再来店の決め手になる

    飲食店が大切にすべき「透明資産」として、キラーメニュー(強い商品)と並…

  2. 透明資産とは?

    コロナ禍でますます多様化する焼肉業態。 成功の鍵は「スタイル」ではなく「マインド」

    コロナウィルス禍でも比較的好調を維持した外食のジャンルに焼肉があります…

  3. 透明資産とは?

    魚金が開発した新業態のとんかつ店は 透明資産を生かし、その価値を高める取り組み

    コロナウィルス禍でもっとも大きな影響を受けた業態といえば居酒屋です。緊…

  4. 透明資産とは?

    ワタミの宅食がはじめた「みまもりサービス」は安心感という透明資産の価値をさらに高める

    コロナウィルス禍によってさまざまな「社会的弱者」の存在が明らかになりま…

  5. 透明資産とは?

    人生の「目的」と「目標」を一致させる。 その幸福感こそが「透明資産」をつくる

    Well-Beingすなわち幸福であるために何が必要か。この問いかけを…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 透明資産とは?

    価格アップを着実に進めるマクドナルド。その鍵は高い体験価値がつくる透明資産
  2. 透明資産とは?

    飲食店を救う「思いやり」の気持ちと行動は ビジネスにかかわる人が共有する透明資産…
  3. 透明資産マーケティング

    野菜の自社栽培という決断をした壱番屋。 企業の前進を支えるのは大きなビジョン
  4. 透明資産とは?

    「たこ焼きは、人を幸せにする商品」。 この想いこそ「築地銀だこ」の透明資産
  5. 透明資産とは?

    自分の身体と向き合い、仲良くする。 それが透明資産に生きるフィジカルを実現
PAGE TOP