SDGs

フードロス削減に技術を活用する食品メーカー

〜フードロス削減に技術を活用する食品メーカー。
その視点は外食企業でも不可欠になる〜

Scavengery, trash and garbage colored icons. Trash truck and garbage can, scavenger and household waste vector icon set

こんにちは!
透明資産コンサルタントの勝田耕司です。

昨年10月に、
「食品ロスの削減の推進に関する法律」
(略称:食品ロス削減推進法)が
施行されました。

第五条には、
「事業者の責務」として
以下のように定められています。

「事業者は、その事業活動に関し、
国又は地方公共団体が実施する

食品ロスの削減に関する施策に
協力するよう努めるとともに、

食品ロスの削減について
積極的に取り組むよう努めるものとする」

農林水産省によれば、
2016年の日本の食品ロス(フードロス)は
643万トンと推計されています。

そのうち家庭から出るものが
291万トンであるのに対して、

食品関連事業者から発生する事業系食品ロスは
352万トンで、約55%を占めます。

フードロスを削減するために、
食にかかわる産業が果たすべき役割の大きさが、
こうした数字にも表れていると言えるでしょう。

事業者のうち「製造者」として大きな比重を占めるのが
食品メーカーと外食企業です。

食品メーカーではここにきて、
商品開発を通じてフードロス対策に
取り組もうという動きが顕著です。

たとえば、パンや菓子類で
大きなシェアを持つ山崎製パン㈱。

人気商品の「ランチパック」のパンは
食パンを繰り抜いたもので、
大量の「パンの耳」が副産物として発生します。

この耳を有効活用してラスクをつくり、
「ちょいパクラスク」として販売。

この商品は環境に優しい商品として
エコプロ大賞・環境大臣賞を受賞しました。

他にも「まるごとバナナ」製造時に出る
バナナやスポンジの端材を

パウンドケーキやパイなどに活用し、
商品の幅を広げています。

業務用食品メーカーでも
取り組みが進んでいます。

高品質な洋食系ソースやスープで知られる
キスコフーズ㈱は、

オマール海老を使った
「ジュ・ド・アメリカン」と「フォンドオマール」という
ブイヨンのロングセラー商品を持っていますが、

製造時にオマール海老の
大量の殻が発生します。

これを活用したのがソースの人気商品である
「HCQアメリケーヌソース」。

素材自体のクオリティに加えて、
真空調理をはじめ最先端の加工技術を生かした
品質の高さが評価され、

ホテルレストランなどで
導入されています。

食品メーカーはこれまで、
おいしさの追求や生産効率向上のために
さまざまな技術を開発してきました。

それに加えて、
フードロス削減のために技術を活用するという
動きが出ていることに注目すべきでしょう。

こうした視点は今後、
外食企業でも欠かせないものになってきます。

おいしいだけでなく、
環境にも優しい。

そういう存在であること自体がお店の
「透明資産」となり、

本当の意味での
地域貢献につながるはずです。

ー勝田耕司

関連記事

  1. 透明資産とは?

    インバウンド客にぜひとも知ってほしい日本の食を支えるご当地外食チェーン

    東京・新宿にこの春開業した「東急歌舞伎町タワー」が大盛況です。マスコミ…

  2. 透明資産とは?

    10月以降は値上げが避けられない生ビール。その店ならではの透明資産がより大切に

    食材やエネルギーコストなどさまざまなものが値上がりしていますが、多くの…

  3. 透明資産とは?

    スタッフのお店への愛着や強い思い。 それを知っていただける発信に努めよう

    これまで本ブログでお話ししてきたように、「透明資産」は、そのお店の…

  4. 透明資産とは?

    価格アップを着実に進めるマクドナルド。その鍵は高い体験価値がつくる透明資産

    コロナウィルス禍での外食の勝ち組の代表とされるファストフード最大手の「…

  5. 透明資産とは?

    感情を前に進むエネルギーに変えると それがかけがえのない透明資産になる

    感情を前に進むエネルギーに変えるとそれがかけがえのない透明資産にな…

  6. 透明資産とは?

    丸亀製麺の大ヒット商品「うどん弁当」は 社会貢献への想いという透明資産が生んだ

    トリドールホールディングスが展開するうどんチェーン「丸亀製麺」の好調ぶ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 透明資産とは?

    マクドナルドとバーガーキングの店舗数の差は、独自の透明資産の差に他ならない
  2. 透明資産とは?

    10月以降は値上げが避けられない生ビール。その店ならではの透明資産がより大切に
  3. 透明資産とは?

    キラーメニューの存在こそ成功の鍵。 それを実感させられる外食大手の新業態
  4. 透明資産とは?

    外食復活のために不可欠な価格引き上げ。そのための必須条件は仕事に対する誇り
  5. 透明資産マーケティング

    SNSでファンの心を掴むシェイクシャック。 情報発信でもセンスが問われる時代に
PAGE TOP