透明資産とは?

HYGGEな職場はお互いを大切にする。 それが透明資産を生み、生産性を高める

幸福感を感じながら仕事をすれば、生産性が高まる。このことを実証する数字を挙げましょう。いずれも2018年のデータです。

<平均年間実労働時間>※全従業者平均
日本 1,680時間
デンマーク 1,392時間

<時間当たり労働生産性>
日本 46.8ドル
デンマーク 77.2ドル

デンマークは日本と比べて、労働時間は18%少ないにもかかわらず、生産性は実に1.6倍という高い数字を示しています。だからといって、デンマークの職場では日本にない特殊な装置を導入していたり、生産性を高めるために何か特別な取り組みをしているかといえば、そうではありません。生産性向上の決め手はただひとつ、HYGGEであることなのです。

これまでお話ししてきたように、HYGGEはデンマークの人々にとって生き方を支える価値観であり、すべての行動を規定するものです。あらゆるモノやコト、過ごす時間を大切にする。

それは他者との関係においても同様であり、幸福感を感じることがコミュニティにおける強固な連帯や帰属意識を生みます。そして、そのことが経営において大きなアドバンテージとなるのです。

HYGGEな職場では、働く人すべてが経営理念に共感し、チームビルディングに積極的に参加します。経営者や上司に強制されて仕事をするのではなく、あくまで自発的に、お客さまや共に働く同僚のことを考え、そのために行動する。

その結果として高い生産性をあげることができます。そこでは人々のメンタルヘルスが良好な状態に保たれ、まさに“健康経営”が実現されています。

健康経営の決め手は、働く人々が「自分は大切にされている」「自分はここにいていいんだ」と思えることです。職場の全員がそういう思いを共有していれば、「あなたの代わりはいない」「だから協力し合おう」という意識や行動が生まれます。

上司の指示や命令がなければ何もしないとか、皆が忙しくしているのに自分だけ早く帰るといったことはなくなり、すべての人々が共通の目的に向かって“自然に”進んでいきます。このような職場の空気はまさにHYGGEという価値観そのものであり、ビジネスにおいても、また人生においても最大の「透明資産」といえるでしょう。

そうした幸福感のある、透明資産に溢れた職場をつくるためにはどうすればいいのか。それは特別な取り組みによるものではなく、すべて人々の意識と日常の行動にかかっています。次回はそのことについてお話しします。

ー勝田耕司

関連記事

  1. 透明資産とは?

    輸出急増で「SAKE」へと進化した日本酒。ストーリーこそ世界が認めるブランドの源泉

    全国の約1700の酒蔵が加盟している日本酒造組合連合会の発表によれば、…

  2. 透明資産マーケティング

    SNSでファンの心を掴むシェイクシャック。 情報発信でもセンスが問われる時代に

    飲食店は「待ちの商売」とよく言われます。確かに、店を構えてお客さま…

  3. 透明資産とは?

    厳しい状況だからこそ再確認したい 「想い」という透明資産の大切さ

    前回、商品に対する「想い」を成長の原動力にしている事例として「…

  4. 透明資産とは?

    名古屋のユニークな豚丼専門店が実践した 「お店のストーリー」を伝える情報発信

    コロナウィルス禍は多くの飲食店にとって大打撃ですが、とりわけ深刻なのは…

  5. ゲコノミ二ケーション

    店側の想いを形にしたノンアルメニュー。それが売れることは透明資産の価値を高める

    新しい“飲みのスタイル”として、これから定着し、拡大するであろう「ゲコ…

  6. 透明資産とは?

    感情を深く知り、感情と仲良くする。 そういう人の集まりが幸福感を生む。

    感情を深く知り、感情と仲良くする。そういう人の集まりが幸福感を生む…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ゲコノミ二ケーション

    店側の想いを形にしたノンアルメニュー。それが売れることは透明資産の価値を高める
  2. 透明資産とは?

    インバウンドが回復する中で再確認したいお客様一人ひとりに向き合うことの大切さ
  3. 透明資産とは?

    食のSDGs実現に取り組むうえで注目したい食材のひとつが「肉」
  4. ゲコノミ

    ゲコノミニケーションの本当の目的は 「幸福感」という普遍的な価値の追求
  5. 透明資産とは?

    キラーメニューの存在こそ成功の鍵。 それを実感させられる外食大手の新業態
PAGE TOP