透明資産とは?

コロナ禍で急増した食べ物の自動販売機は “体験”という価値を提供できない点が危険

コロナウィルス禍を契機にしたテレワークの普及で、街の様相は大きく変わりました。そのひとつが「自動販売機の減少」です。

 

オフィス街ではとくに顕著で、仕事中に一服といった需要がなくなった結果、缶コーヒーなどソフトドリンクの自動販売機が激減しました。そのことは飲料各社の業績にも大きく影響しています。

 

一方で、増えている自動販売機もあります。それが“食べ物を売る”自動販売機です。とくに目につくのがラーメン。

 

煮干しラーメンで有名な「ラーメン凪」が展開する冷凍ラーメン自動販売機「RAMEN STOCK 24」はすでに東京都内に70ヵ所を設置しています。全国の人気ラーメン店の味を24時間楽しめるのが売りです。

 

もうひとつ、急増している商材が餃子でしょう。これは自動販売機の他に、無人販売店「餃子の雪松」が急速に店を増やしたことで注目を集めました。もともとは群馬・水上の温泉街にある食堂だった「雪松」が、売れ筋メニューの餃子の直売所を設けたのがスタート。

 

コロナ禍の巣籠り需要を受けて、販売ショーケースのみを置いた店を出したところ思いがけないヒットになりました。代金は店に置いた箱にお客様自ら入れてもらうという“性善説”に基づくシステムで、日本ならではの業態としても話題になりました。

 

長引くコロナ禍で外出や移動が制限されるなかでも、外食ならではの味を提供したい。この考え方には賛同できるし、そのために創意工夫を重ねることは大事だと思います。

 

ただ問題は、本当に“外食ならでは”のものを提供できているのか!?ということです。

 

外食が提供しているものは、単に「モノ」にとどまりません。ゆきとどいたサービスや居心地のよさ、その場で調理し提供することによるライブ感も商品価値を構成する重要な要素です。

 

ツーオーダーゆえにお客様をお待たせすることになりますが、その間に漂ってくる匂いや調理の音なども、お客様の期待感を高めるという点で高い価値を生み出します。お店に滞在している間にスタッフと交わす会話も同様で、それが大きな来店動機にもなります。

 

こうした経験を通じて、お客様の中に「あの店に行けば、こういう体験ができる」という刷り込みができていきます。それこそが店のブランドをつくり、「透明資産」になっていくのです。

 

自動販売機では、こうした体験はできません。そうなるとお客様の評価は「美味いか不味いか」だけになりますが、つくりたての料理とまったく味が出せるかといえば、それは不可能です。

 

結果として店のブランド力を低下させることにもなりかねません。販路の拡大は、常にこうした危険をはらんでいると認識すべきでしょう。

 

ー勝田耕司

関連記事

  1. 透明資産とは?

    KFCの透明資産は商品に対するこだわり。コロナ禍はそれを磨く機会になった

    「透明資産」は店や企業が持つ有形無形の資産であり、長い歴史の中で積み重…

  2. 透明資産マーケティング

    野菜の自社栽培という決断をした壱番屋。 企業の前進を支えるのは大きなビジョン

    全国的な感染拡大が続くコロナウィルス禍が外食企業の経営に影を落とすなか…

  3. 透明資産とは?

    すべての人を「かけがえのない存在」と思う。 その気持ちこそもっとも大切な透明資産

    HYGGEであることが“健康経営”を実現し、結果として生産性を高め…

  4. SDGs

    食産業にも求められる「サスティナビリティ」

    〜食産業にも求められる「サスティナビリティ」。その取り組みはブラン…

  5. 透明資産とは?

    「持続可能性」が経営の大テーマに。 永続性こそもっとも価値ある透明資産

    ロシアによるウクライナへの軍事侵攻に関するニュースが連日報じられていま…

  6. 透明資産とは?

    「新発想ゼロコスト集客術」発売記念セミナー開催

    この度、東京・八重洲ブックセンター八重洲本店様で、「新発想ゼロコスト集…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. サスティナブル

    人類共通の課題になりつつあるフードロス。
  2. 透明資産とは?

    感情を前に進むエネルギーに変えると それがかけがえのない透明資産になる
  3. 透明資産とは?

    〜この状況下で業績絶好調のマクドナルド。 危機で問われるのは企業が蓄積した底力〜…
  4. 透明資産とは?

    「持続可能性」が経営の大テーマに。 永続性こそもっとも価値ある透明資産
  5. 透明資産とは?

    透明資産について
PAGE TOP