透明資産とは?

コロナ禍で本当に試されたのは透明資産の価値。そう考えることこそ前進するための原動力

前回のコラムで、新型コロナウィルス禍で外食が取り組んだことを「顧客満足」の観点から検証すべきと書きました。

 

ゴーストレストランのように姿を消したものがある一方で、新たな取り組みが着実にお客様の支持を得て、店や企業のブランド向上につながったケースもあります。その要因もまた、顧客満足度を高めたことです。

 

たとえば、うどんチェーンの「丸亀製麺」。コロナ禍を受けて発売した「うどん弁当」は、外食のテイクアウト商品として図抜けた大ヒット商品になりました。

 

容器の開発を含めて研究を重ね、商品のクオリティとお値打ち度を高めたことが要因ですが、それ以上に重要なのは「うどんはその場で食べなければ」という固定観念からの脱却です。

 

逆に「テイクアウトであっても、おいしいうどんは提供できるはず。いまこそ、それを実現しなければならない」と考えたことが、この大ヒット商品を生んだのです。

 

丸亀製麺を展開する㈱トリドールという会社は、非常に柔軟な発想を持てるところに強みがあります。

 

ハワイというテーマを設定することで、郊外喫茶ともファミリーレストランともつかない独特のコンセプトを打ち出した「コナズ珈琲」などはその好例です。

 

そうした企業の考え方が、コロナ禍という強烈な逆風の中でも生かされたということでしょう。

 

そういう観点から見ると、もともと大切にしてきたことを守り、それをさらに発展させた店や企業が、コロナ禍でも継続して支持を得てきたことがわかります。

 

外食における勝ち組の代表である「マクドナルド」は、ダブルレーンを導入したドライブスルーなど、ファストフードに求められる機能を徹底して磨き上げたことで空前の業績をあげました。

 

焼肉食べ放題の「焼肉きんぐ」などを展開する㈱物語コーポレーションは、楽しさのある行き届いたサービスという本来の強みをさらに追求し、コロナ禍を追い風に変えています。

 

ラーメンチェーンもそうです。私がフランチャイジーとして経営する「ラーメンまこと屋」は、コロナ禍でも着実な出店を続け既存店の業績も好調ですが、店で骨を割るところからスープを仕込むなど商品力を徹底追求していることがその要因です。

 

ラーメンチェーンは他にも「山岡家」や「魁力屋」、「丸源ラーメン」など着実な成長を続けているところがありますが、いずれも家庭では決して味わえないラーメンのクオリティを追求している点が共通しています。

 

こうした企業の考え方こそが独自の「透明資産」なのです。コロナ禍で本当に試されたのは財務体質などの企業力ではなく、透明資産の価値だった。

 

そのように考えることこそ、失われた3年間を貴重な経験へと変えて前進するための最大の原動力になるはずです。

 

ー勝田耕司

関連記事

  1. SDGs

    和牛は日本が誇る透明資産を世界に広め食のグローバル化を先導していく食材

    3月以来、「肉」についての情報発信を続けてきました。以前このコラムでお…

  2. 透明資産とは?

    お客様の期待を裏切った「スシロー」の失点。透明資産の大切さを見つめなおす契機にしたい

    コロナウィルス禍における外食の勝ち組とされてきた回転ずしチェーン「スシ…

  3. 透明資産とは?

    「HYGGE的な価値観」は普段の生活の中で “自然に”取り入れられることが重要

    世界でもっとも幸福な国のひとつ、デンマークで人々の重要な価値観…

  4. 透明資産とは?

    インバウンド客にぜひとも知ってほしい日本の食を支えるご当地外食チェーン

    東京・新宿にこの春開業した「東急歌舞伎町タワー」が大盛況です。マスコミ…

  5. 透明資産とは?

    全国各地の肉食文化は世界に誇る透明資産。それは食にかかわる人々の深い想いが生んだ

    三重県松阪市に本店を置く「和田金」は、最高の和牛のひとつである松阪牛を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 透明資産とは?

    “楽しさ”を生み出す人こそが透明資産。それを磨くことがコロナ禍を克服する唯一の道…
  2. 透明資産とは?

    コロナ禍でワタミが打ち出した新戦略は同社の透明資産である「DNA」が生んだ
  3. 透明資産とは?

    鳥貴族の新業態「トリキバーガー」に 感じる、この会社ならではの透明資産
  4. ゼロコスト戦略

    お客さまへの強い思いこそ最大の透明資産。 厳しい中でも、その資産を守り抜いてほし…
  5. hospitason cafe

    リソースとは誰もが持っているものであり 人類が進化の過程で獲得した「透明資産」
PAGE TOP