SDGs

スターバックスのSDGsへの取り組みは地域貢献という貴重な透明資産を生む

私がこのコラムで、SDGs(Sustainable Development Goals=持続可能な開発目標)について初めて取り上げたのは2020年の初頭、コロナウィルス禍が深刻化する直前のことでした。

 

以来2年半以上が経過し、いまやSDGsはあらゆる産業にとって経営の重大テーマになっています。外食業界で言えば、世界から飢餓をなくす取り組みや、プラスチックの使用抑制、フードロスの削減といったことが話題にのぼります。

 

ただ、それらは外食業界が以前から継続して取り組んできたことです。SDGsが人類の未来を左右するテーマである以上、より踏み込んだ対策や、新しい視点が不可欠だと思います。

 

いま重要なことは、世界が新しい対立の時代を迎えているということです。ロシアのウクライナ侵攻、中国の周辺国への圧力などが代表ですが、そうした国家間の対立にとどまりません。個人レベルでも感情的に対立して関係がギクシャクしたり、他人の権利を阻害するような事態が起こっています。

 

そうではなく、あらゆる人々が共存し、お互いを尊重し合いながらよりよい社会をつくる。これこそ、SDGs実現につながる取り組みです。そして、もっとも消費者に密着したビジネスである外食こそ、その担い手になるはずです。

 

その点で注目したいのが「スターバックスコーヒー」です。スターバックスは全世界共通の取り組みとして「サイニングストア」を展開しています。

 

これは聴覚障害を持つ人がパートナーとして働き、手話を主なコミュニケーション手段として運営する店のことです。多様な人々が自分らしく過ごし、活躍できる場所の実現をめざすというスターバックスの「ダイバーシティ&インクルージョン」を象徴する取り組みです。

 

日本では2020年6月、東京・国立のnonoma国立店が国内初のサイニングストアとしてオープンしました。それから2年以上が経過したいま、ここから新しい「人の輪」がどんどん広がっています。

 

スターバックスはこの店をオープンするにあたり、社内で手話や筆談などを学ぶプログラムを実施してきましたが、そのノウハウを生かした「手話講座」に地域を巻き込んで取り組んでいます。

 

店舗が入居する駅ビルの運営母体であるJR中央線コミュニティデザインでは、社内の勉強会にスターバックスのパートナーを招き、月2回のペースで手話講座を開いています。これによって駅全体が、聴覚障害を持つ人も利用しやすいものになるとともに、新しいコミュニケーションの輪が生まれているのです。

 

このような場所になってこそ、外食は本当の意味で地域に根付いくことができます。そうしたお店はまさしくSDGs実現に貢献する、お客様の笑顔=透明資産に満ち溢れた店になるはずです。

 

ー勝田耕司

関連記事

  1. 透明資産とは?

    マクドナルドとバーガーキングの店舗数の差は、独自の透明資産の差に他ならない

    外食業界の“七不思議”ではないですが、意外に思われることがあります。そ…

  2. 透明資産とは?

    透明資産について

    透明資産って、具体的にどんなことものがあるんだろう・・・例…

  3. 透明資産とは?

    スタッフのお店への愛着や強い思い。 それを知っていただける発信に努めよう

    これまで本ブログでお話ししてきたように、「透明資産」は、そのお店の…

  4. 透明資産とは?

    キラーメニューの存在こそ成功の鍵。 それを実感させられる外食大手の新業態

    コロナウイルス禍で厳しい状況が続く外食業界ですが、「Withコロナ」の…

  5. 透明資産とは?

    感情を深く知り、感情と仲良くする。 そういう人の集まりが幸福感を生む。

    感情を深く知り、感情と仲良くする。そういう人の集まりが幸福感を生む…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 透明資産とは?

    ロイヤルの冷凍食品「ロイヤルデリ」は 50年間積み上げてきた透明資産が生んだ
  2. 透明資産とは?

    スタッフのお店への愛着や強い思い。 それを知っていただける発信に努めよう
  3. 透明資産とは?

    身体の声を聞き、それに合わせて行動する。 これは組織の透明資産づくりにも通じるこ…
  4. 透明資産とは?

    CoCo壱番屋と地元高校生とのコラボ。 そこで得た地域との結びつきこそ透明資産
  5. 透明資産とは?

    コロナ禍でワタミが打ち出した新戦略は同社の透明資産である「DNA」が生んだ
PAGE TOP