透明資産とは?

スーパーでも独自の体験こそが透明資産。それを教えてくれる「ヤオコー」の好調ぶり

いまや新しい“値上げ”の報に接しない日はありません。食品メーカーやビールメーカーなど、生活に密着した商品分野でも価格引き上げの発表が相次いでいます。

 

これまではメーカーや卸・小売の段階でコスト増を吸収していましたが、それも限界に達しました。今年は日本にとって歴史的な“値上げの年”になりそうです。

 

マスコミが頻繁に報じているのが、スーパーマーケットに値上げの波が押し寄せているというニュースです。確かにスーパーは消費者直結の商売の代表であり、そこでの値上げは日常生活を直撃します。

 

しかしスーパーの側でも、これまで通り安さを競っていたのでは経営が立ち行きません。同業他店と比べて価格が安いだけでなく、独自の価値を打ち出さなければ生き残りは難しくなるでしょう。

 

その店、あるいはその企業ならではのウリが、小売業の世界でも不可欠になっています。そう、ここでも「透明資産」を持っているかどうかが問われているのです。その点で注目したいのが、埼玉エリアを中心に展開している食品スーパーの「ヤオコー」です。

 

ヤオコーはこの間、コロナウィルス禍での巣籠り消費を追い風に業績を伸ばした小売業の代表です。コロナ禍が落ち着いてからも業績は順調で、既存店の売上高は3SMA統計(スーパー業界3団体の速報値)を一貫して大きく上回っています。

 

それは、ヤオコーが単に「モノ」を売るのではなく、モノを通じた「生活提案」を続けてきたことにあります。ヤオコーはそれを「ミールソリューション」と表現していますが、これこそが独自の強みになっています。

 

ヤオコーはその運営方針の一番目に「チェーンとしての個人経営」を掲げています。

 

仕入れなどではチェーンのスケールメリットを活用する一方で、品揃えについては地域ごとの特性を踏まえて、現場に大きな権限を与えています。

 

さらに注目したいのが「クッキングサポート」というサービス。その店を利用している住民の年齢や家族構成などを踏まえて、日々の食事メニューを提案したり、食事についての相談を受け付けているのです。

 

そして、そこから得られた情報は仕入れや品揃えにフィードバックされ、地域にとってなくてはならない店となるべく役立てられています。

 

このような店のあり方そのものがヤオコーの強みであり、最大の透明資産なのです。

 

単にモノを揃えて売るだけであれば、価格は安いに越したことはないし、安く売る店が選ばれるのは当然です。そうではなく、他の店ではできない体験を売りにすることで、消費者から積極的に選ばれる店になる。

 

小売業の世界でも「体験価値」が重要であることを、ヤオコーの好調ぶりは教えてくれます。外食業界にも参考になる事例です。

 

ー勝田耕司

関連記事

  1. 透明資産とは?

    「トリキバーガー」の高い完成度は鳥貴族ならではの透明資産が生んだ

    一般社団法人 日本フードサービス協会が毎月発表している「外食産業市場動…

  2. ゼロコスト戦略

    大垣書店京都本店で透明資産を使ったゼロコスト戦略ミニセミナー開催しました。

    2020年1月30日、大垣書店京都本店にて、『新発想ゼロコスト戦略』ミ…

  3. SDGs

    力を生かし、新たな活躍の場を与える。「中村牛」に見る食材への深い愛情

    ロシアによるウクライナへの軍事侵攻は、その理由はどうあれ力による現状変…

  4. 透明資産とは?

    コロナに立ち向かう医療従事者の力になる。 食ビジネスの世界で急速に広がる支援の輪

    〜コロナに立ち向かう医療従事者の力になる。食ビジネスの世界で急速に…

  5. ゲコノミ二ケーション

    店側の想いを形にしたノンアルメニュー。それが売れることは透明資産の価値を高める

    新しい“飲みのスタイル”として、これから定着し、拡大するであろう「ゲコ…

  6. 透明資産とは?

    経営者の決断も、透明資産!?

    あなたの「決断」基準は何ですか?経営者のあなたは、毎日「決断」の日…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ゲコノミ

    ノンアルをただ「揃える」のではなく、「人々を幸せにする」という考えが不可欠
  2. 透明資産とは?

    ロイヤルの冷凍食品「ロイヤルデリ」は 50年間積み上げてきた透明資産が生んだ
  3. 透明資産とは?

    外食業界で叫ばれるフードテック活用は「おいしさ」に直結しなければ意味がない
  4. サスティナブル

    ブランドの重みと膨大なノウハウを感じる ロイヤルの「ラッキーロッキーチキン」
  5. ゲコノミ

    これからは「ゲコノミ二ケーション」の時代。 飲食店こそが、その担い手になるべき…
PAGE TOP