ゲコノミ

ノンアルをただ「揃える」のではなく、「人々を幸せにする」という考えが不可欠

ゲコノミニケーションの目的は、お酒を飲む人(ノミ)と飲まない人(ゲコ)が同じ時間を楽しむことです。

 

その場所を提供する飲食店は当然、両方のニーズに応える商品を揃えなければなりません。アルコールドリンクとノンアルコールドリンクをラインアップすることはもちろん、とくに後者の品揃えが重要になります。

 

ここにきて、ノンアルコールドリンクを充実させる動きが顕著になっています。コロナウィルス禍で酒類の提供が制限されたことが大きいですが、理由はそれだけではありません。

 

実は日本人のアルコール摂取量は、ここ20年ほどずっと減少しているのです。若者のアルコール離れに加えて、大きな要因とされているのが高齢化。人口動態の面からもアルコールニーズは縮小傾向にあります。

 

大切なのは、それを否定的に捉えるのではなく、“積極的な”ノンアルコールのニーズに応えることです。かつての居酒屋のノンアルメニューといえば、烏龍茶などソフトドリンクを数種類揃えるだけでした。

 

それは明らかにノミ中心の考え方であり、ゲコ向けのメニューは“付け足し”に過ぎません。そうではなく、ノンアルの中でいろんな味わいや、個性あるドリンクを揃えることが大事です。

 

考えてみれば、ノミ向けのメニューもかつてと比べてはるかに多様化しました。それはアルコール離れが進んだここ20年の動きです。居酒屋での第一声「とりあえずビール」もすっかり聞かなくなりました。

 

その背景にあるのは、量から質へのニーズの変化です。限られた種類のお酒をたくさん飲むのではなく、いろんな種類のお酒を、時間や場所、動機に合わせてさまざまに楽しむようになったのです。しかもこれは、性別や年齢を問わず共通の動きです。

 

これからは、ノンアルメニューにおいても同様の変化が起こってくるでしょう。ノンアルだけでなく、アルコール度数を低く抑えた“微アル”など、さまざまなニーズに応えるメニューラインアップを考えていくべきです。

 

すでにビールメーカーの中にそうした動きが出ていますが、現場でドリンクを調製できる飲食店こそ、ニーズに即した柔軟なメニュー開発ができるはず。これも、飲食店がゲコノミニケーションの担い手になれる大きな理由です。

 

冒頭に述べたゲコノミニケーションの目的は、よりよい社会をつくっていくことに通じます。それは差別や分断のない、誰もが幸せになれる社会の実現であり、人生の目的は幸福感の追求であるという“透明資産”の考え方につながります。

 

単に「メニューを揃えよう」ではなく、「メニューを通じて人々を幸せにしよう」と考える。これがゲコノミニケーション実践の第一歩なのです。

 

ー勝田耕司

関連記事

  1. サスティナブル

    ブランドの重みと膨大なノウハウを感じる ロイヤルの「ラッキーロッキーチキン」

    外食大手の“withコロナ”を見据えた業態開発が加速しています。前回は…

  2. ゼロコスト戦略

    大垣書店京都本店で透明資産を使ったゼロコスト戦略ミニセミナー開催しました。

    2020年1月30日、大垣書店京都本店にて、『新発想ゼロコスト戦略』ミ…

  3. 透明資産とは?

    経営の本当の目的を再確認させてくれる 「いわきスポーツクラブ」の理念と活動

    いわきスポーツクラブのホームページには「スポーツを通じて社会価値を創造…

  4. 透明資産とは?

    名古屋のユニークな豚丼専門店が実践した 「お店のストーリー」を伝える情報発信

    コロナウィルス禍は多くの飲食店にとって大打撃ですが、とりわけ深刻なのは…

  5. SDGs

    フードロス削減に技術を活用する食品メーカー

    〜フードロス削減に技術を活用する食品メーカー。その視点は外食企業で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 透明資産とは?

    食のSDGs実現に取り組むうえで注目したい食材のひとつが「肉」
  2. 透明資産とは?

    HYGGEとは「自然」であること。 自然な状態をつくるものこそ透明資産
  3. SDGs

    肉を育てる「ファミリー」の一員になる、その意識こそが透明資産につながる。
  4. 透明資産とは?

    スタッフの強い思いがSNS発信のベース。 そのことを示したスターバックスコーヒー…
  5. ゼロコスト戦略

    お客さまへの強い思いこそ最大の透明資産。 厳しい中でも、その資産を守り抜いてほし…
PAGE TOP