SDGs

力を生かし、新たな活躍の場を与える。「中村牛」に見る食材への深い愛情

ロシアによるウクライナへの軍事侵攻は、その理由はどうあれ力による現状変更であり、決して許されることではありません。戦争によって人々は平和な日常を突然奪われ、否応なしに対立の渦に巻き込まれてしまいます。

 

本来、人はお互いを尊重し合い、助け合うべきものであるのに、それと正反対の考えや行動を余儀なくされてしまう。これが戦争のもっとも残酷なところといえるでしょう。

 

お互いが他者に関心を持ち、寄り添いながら力を合わせて共通の目的を達成する。以前に私がこのコラムで触れた、企業や店など組織のあるべき形ですが、これは同時に人間本来の生き方でもあります。その対象は、共に働く人だけではありません。外食ビジネスの生命線である「食材」もまた、寄り添うべき大切なものです。

 

食材生産の現場を見ると、その食材に寄り添い、愛情を注ぎ続けることが、よい食材を生み出すために不可欠であることがわかります。その代表例が肉であり、優れた食肉生産者は牛や豚を単なる商品とは見ていません。

 

文字通り「育てる」対象であり、その環境づくりに力を尽くしています。そこには限りない愛情を感じます。

 

宮崎県三股町にある「中村畜産」は、上質な黒毛和牛「中村牛」を生産していることで知られます。中村牛が育つのは霧島連山の麓で、一年中花と緑に恵まれた自然豊かな場所。

 

こうした牛にとってストレスのない環境を用意することに加えて、中村畜産では飼育する牛にとことん寄り添い、その力を存分に引き出しています。

 

中村牛は、いわゆる「経産牛」。

 

何度も出産を経験した雌牛を、徹底した管理のもとで再肥育しているのです。与える飼料の配合や肥育環境に気を配り、上質な赤身の旨みが際立つ牛へと育てあげています。

 

それらの雌牛はこれまで、優れた黒毛和牛を数多く世に送り出してきたわけですが、そこでお役御免にするのではなく、再肥育することで新しい活躍の場を与える。これもまた、食材に深い愛情を注いでいるからこその取り組みであるといえるでしょう。

 

SDGs(Sustainable Development Goals=持続可能な開発目標)の12番目に「つくる責任、つかう責任」があります。これは持続可能な生産消費形態を確保すること。

 

具体的には、少ない資源でより多くの、かつ良質なものが得られる生産や消費を実現することを指します。中村畜産の取り組みは、まさにこの目標に合致するものといえます。

 

外食ビジネスが食材を扱う上で大切なことは、単にムダをなくすのではなく、食材の持つ力を生かしきるという姿勢です。それは、人類が古来より抱いてきた自然に対する「畏敬の念」を取り戻すことに他ならないのです。

 

ー勝田耕司

関連記事

  1. 透明資産とは?

    コロナ禍で輝きを増すラーメンチェーン。その強さは商品を磨き続ける姿勢にある

    前回お話しした「この一品」を磨くことの大切さは、あらゆる外食ビジネスに…

  2. 透明資産とは?

    お客様の期待を裏切った「スシロー」の失点。透明資産の大切さを見つめなおす契機にしたい

    コロナウィルス禍における外食の勝ち組とされてきた回転ずしチェーン「スシ…

  3. 透明資産とは?

    業態発想という透明資産が生み出した テンアライドの新業態「てんぐ大ホール」

    感染者数が低下傾向にあるとはいえ、依然としてコロナウィルス禍は落ち着き…

  4. 透明資産マーケティング

    野菜の自社栽培という決断をした壱番屋。 企業の前進を支えるのは大きなビジョン

    全国的な感染拡大が続くコロナウィルス禍が外食企業の経営に影を落とすなか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 透明資産とは?

    どのような体験でご満足いただくか。 それが明確であることがブランドの条件
  2. 透明資産とは?

    食のSDGs実現に取り組むうえで注目したい食材のひとつが「肉」
  3. 透明資産とは?

    〜この状況下で業績絶好調のマクドナルド。 危機で問われるのは企業が蓄積した底力〜…
  4. 透明資産とは?

    心と外部のスペースがともにWellな状態。 それがお客様の心をWellにしていく…
  5. 透明資産とは?

    コロナに立ち向かう医療従事者の力になる。 食ビジネスの世界で急速に広がる支援の輪…
PAGE TOP