ゲコノミ二ケーション

外食をとりまくすべての人々と連携してゲコノミニケーションの実践に取り組もう

先日、大手ビール会社のアサヒビールが日本経済新聞にユニークな全面広告を掲載していました。

 

カラフルな文字で「スマドリ SMART DRINKING」とあり、その下には「飲み方を、もっと自由に、もっと自分らしく。」のキャッチコピーが。これはすなわち、アサヒビールが提唱する「ゲコノミニケーション」のあり方です。

 

「スマドリ」の考え方については、このように書かれています。

 

・・・・・・・・・・

お酒を飲みたい時、飲めない時、そして、あえて飲まない時、

飲む人も、飲まない人も、ひとりひとりが、

自分の体質や気分、シーンに合わせて、

適切なお酒やノンアルコールドリンクをスマートに選べる時代へ。

・・・・・・・・・・

 

最後にある「スマート」という言葉は、一般的には「格好いい」とか「シンプル」「スタイリッシュ」といった意味に使われていますが、ここではもっと幅広い意味を含んでいます。

 

誰かに気兼ねしたり、ストレスを感じたり、無理をするのではなく、自分らしくあるということ。他人に対しても、何かを強要したり、自分のペースに無理やり合わせることを求めたりしない。つまり、ここでいうスマートとは、人として自然であるということを意味しているのです。

 

日本を代表するビールメーカーであり、総合飲料メーカーとして社会的にも大きな存在であるアサヒビールがこうしたメッセージを打ち出すことは、きわめて意義のあることだと思います。

 

アサヒビールは微アルコール飲料の「ビアリー」など、アルコール離れが進む中で消費者のニーズを摑むためのさまざまな商品開発に取り組んできました。しかし、メーカーの存在意義は単に商品を市場に供給することだけではありません。

 

商品を通じて新しいライフスタイルを提案することが大事であり、そのためには明確なメッセージが必要です。今回、アサヒビールがゲコノミニケーションの推進を企業の使命として打ち出したことは、大きな意味があると思います。

 

これまでコラムでお伝えしてきたように、ゲコノミニケーションを実践することは人が生きるうえで最も大切な「幸福感」の実現につながります。

 

お互いの存在を認め、尊重し合うことによって、ともに過ごす時間が楽しく、幸福感に満ちたものになる。それこそがゲコノミニケーションの目的であり、最大の意義なのです。そして、飲食店こそが、そうした人と人とのつながりをつくる場となるべきです。

 

ビールメーカーをはじめとする周辺産業の人たちとも連携して、新しい時代のコミュニケーション産業の担い手をめざしましょう。

 

そこで生まれる人の輪(和)は、間違いなく貴重な透明資産として、お店や企業の価値を高めることになるはずです。

 

ー勝田耕司

関連記事

  1. 透明資産とは?

    コロナ禍を受け注目される朝食マーケット。そこで支持を得る決め手こそ透明資産

    コロナウィルス禍がもたらした生活の変化のひとつに、人々の行動が“前倒し…

  2. 透明資産とは?

    自分自身を「こうありたい」ものにする。 それが組織の透明資産づくり出発点

    「Well-Being」になるための絶対条件である「よい人間関係」…

  3. SDGs

    SDGs実現には事業が存続することが前提。 差別化しつつ、できることはなんでもやろう

    〜SDGs実現には事業が存続することが前提。差別化しつつ、できるこ…

  4. SDGs

    和牛は日本が誇る透明資産を世界に広め食のグローバル化を先導していく食材

    3月以来、「肉」についての情報発信を続けてきました。以前このコラムでお…

  5. 透明資産とは?

    スタッフの強い思いがSNS発信のベース。 そのことを示したスターバックスコーヒー

    コロナウィルス禍で大手チェーンを含めて多くの外食店が休業を余儀なくされ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ゼロステージ・マーケティング

    コロナショック対策として、外食のテイクアウト強化は意義ある取り組み。
  2. 透明資産とは?

    幸福感という透明資産こそ生きるための原動力。 その大切さを心に刻み、透明資産を磨…
  3. 透明資産とは?

    「持続可能性」が経営の大テーマに。 永続性こそもっとも価値ある透明資産
  4. 透明資産とは?

    自助、共助、公助がチームの勝利に不可欠。スタートは「個人の透明資産」を磨くこと
  5. ゲコノミ二ケーション

    2022年元旦、明けましておめでとうございます。
PAGE TOP