透明資産とは?

感情を深く知り、感情と仲良くする。 そういう人の集まりが幸福感を生む。

感情を深く知り、感情と仲良くする。
そういう人の集まりが幸福感を生む

自分の感情を透明資産へと変えていくために不可欠なのは「感情をよく知る」ことです。

それは感情の裏にある自分自身のニーズを知ることでもあります。なぜなら、感情は「こうしたい」という思いの結果として生まれるものだからです。

喜びや楽しさ、不安や怒りなどの感情が自分の中に生まれた時、それがどのような経験によるものだったかを思い出す。その感情が生まれたきっかけや、その時に自分の身体にどのような反応が出たかを記憶しておく。

そして、その感情の背景にある自分のニーズ(何をしたいか、どうありたいか)を突き詰めて考える。これが、自分の感情を深く知るために不可欠な作業です。

人はよく、自分の中に生まれた感情をごまかしてしまいます。ごまかすために何をするかといえば、ようは“気晴らし”です。おいしいものを食べに行ったり、普段は見ない自然の景色を見に行ったり。

運動をする、寝たいだけ寝る、という人もいるでしょう。でもそれは一時的に感情を和らげることになっても、根本的な解決にはなりません。嫌な感情が自分の中に生まれた時、また同じような方法で憂さ晴らしをすることになります。

大事なことは、どうしてその感情が生まれたかを知り、それをコントロールすることです。とくに大切なのは、その感情のもとになっている自分のニーズを知ること。たとえば、怒りや苛立ちといったネガティブな感情が生まれた時。

その感情が生まれたのは、自分の中に「周囲から大切にされたい」「自分の時間を無駄にしたくない」といったニーズがあり、それが満たされなかった時です。

逆に喜びや嬉しさなどポジティブな感情が生まれた時は、自己実現や満足を得たいといったニーズが満たされた時だったはずです。

そのように感情を自分自身のニーズと紐づけて整理することによって、感情をコントロールできる。さらにいえば「感情と仲良くする」ことができるようになります。仲良くするとは感情を味方につけること。

つまり、感情をエネルギーに変えることです。整理した感情の中から、よりエネルギーが沸く感情を意図的に選択することで、ポジティブな考えや行動ができるようになります。

これがまさしく「Well-Being」な状態であり、それを続けていくことによって幸福感が得られます。感情と仲良くできる人が揃っていれば、その組織には密接なコミュニケーションが生まれ、人々の思いは一つになります。その思いこそ透明資産です。

感情という、自然に生まれるものの中にも大きなエネルギーがあり、それが透明資産をつくっていくのです。

ー勝田耕司

関連記事

  1. 透明資産とは?

    関係するすべての人々が幸福感を得る。それこそ透明資産な組織の絶対条件

    「Well-Being」であることがすなわち「幸福感」を感じること…

  2. 透明資産とは?

    魚金が開発した新業態のとんかつ店は 透明資産を生かし、その価値を高める取り組み

    コロナウィルス禍でもっとも大きな影響を受けた業態といえば居酒屋です。緊…

  3. ゲコノミ

    「食のユニバーサルデザイン」をめざす。 これがゲコノミニケーションの出発点

    お酒を飲めない(飲まない)人すなわち「ゲコ(下戸)」と、飲む人すなわち…

  4. ゲコノミ

    ノンアルをただ「揃える」のではなく、「人々を幸せにする」という考えが不可欠

    ゲコノミニケーションの目的は、お酒を飲む人(ノミ)と飲まない人(ゲコ)…

  5. SDGs

    フードロス削減に技術を活用する食品メーカー

    〜フードロス削減に技術を活用する食品メーカー。その視点は外食企業で…

  6. 透明資産とは?

    一人ひとりが「Well-Being」であること。 それこそがもっとも大切な透明資産

    一人ひとりが「Well-Being」であること。それこそがもっとも…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ゼロステージ・マーケティング

    最大の『透明資産』であるスタッフを守る。
  2. 透明資産とは?

    透明資産について
  3. 透明資産とは?

    スタッフのお店への愛着や強い思い。 それを知っていただける発信に努めよう
  4. 透明資産とは?

    魚金が開発した新業態のとんかつ店は 透明資産を生かし、その価値を高める取り組み…
  5. 透明資産とは?

    スターバックス最大の透明資産は「世界観」。それに共感する人々こそロイヤルカスタマ…
PAGE TOP