SDGs

求められるのは“正しい方法”で実現する価値。その点で注目したい「くら寿司」の取り組み

回転ずしチェーン「かっぱ寿司」を展開するカッパ・クリエイト㈱の前社長が、かつて在籍していたライバル社の営業機密を不正に持ち出した容疑で逮捕された事件は、外食業界を大きく揺るがしました。

 

かつてと比べて人材の流動化が進んでいる現在、営業機密をいかに守るかは個人のモラルに頼っているだけでは解決できない問題になっています。対応を誤れば会社の信頼を傷つけるだけでなく、チェーンのブランド力を大きく損なうことにつながります。

 

同じ回転ずしの業界では、最大手である「スシロー」で不祥事が相次ぎ、既存店の売上げ低迷を招きました。これもまた、消費者の信頼を裏切ることがどれだけ深刻な結果を招くかを示す例です。

 

以前に本コラムでお伝えしたように、常にお客様の期待を上回る価値を提供していくことが信頼を得るための絶対条件であり、それがブランド力をつくっていきます。

 

外食をはじめとする食関連業界がかつてない“値上げの時代”を迎えている今、いかにブランド力を高めていくかが生き残りの鍵になっているといえるでしょう。

 

その点で注目したいのが、回転ずし大手「くら寿司」の取り組みです。いわゆる“低利用魚”の商品化第1弾として、「ニザダイ」をネタにした寿司を9月から販売開始しました。

 

ニザダイは海藻を食い荒らすため駆除の対象になってきた魚ですが、独特の臭いがあり食用に適さないため廃棄されてきました。

 

それを、キャベツを与えて養殖することで臭いを抑えることに成功したのです。飼料のキャベツも廃棄予定だったものを与えているとのことで、フードロスをなくしSDGsの実現につながる取り組みといえます。

 

“持続可能な食”をどう確保するかが世界的な関心を集めている昨今、くら寿司のブランド力を高めるうえでも大きな意義を持っています。

 

消費者の食に対する関心は、単に「おいしいかどうか」だけでなく、そのおいしさをいかに実現しているかに移ってきています。そして何より重要なのは、それが“正しい方法”によって実現されていることです。

 

不正をしたり、消費者を欺いたりするのではなく、真っ当な企業努力によって価値をつくらなければなりません。その点でもくら寿司の取り組みは注目すべきものといえます。

 

くら寿司もこの10月から価格を引き上げましたが、最低価格を110円から115円とする一方、220円の商品を165円に引き下げました。また、新しい自動会計システムを導入し、よりスピーディにストレスなく会計できるようにもしています。

 

いかに顧客の立場になって新しい価値をつくっていくか。その企業姿勢こそがくら寿司の透明資産であり、ブランド力の源泉なのです。

 

ー勝田耕司

関連記事

  1. 透明資産とは?

    WELL-SPACE(Wellな空間)こそ透明資産。 その第一歩は心のスペースづくりにある

    以前にお話しした「Wellになるための7つの要素」の中で、その人の…

  2. 透明資産とは?

    スーパーでも独自の体験こそが透明資産。それを教えてくれる「ヤオコー」の好調ぶり

    いまや新しい“値上げ”の報に接しない日はありません。食品メーカーやビー…

  3. ゼロコスト戦略

    激変する飲食店とWeb媒体の関係。 SNSでの「透明資産」の発信が不可欠に

    激変する飲食店とWeb媒体の関係。SNSでの「透明資産」の発信が不…

  4. 透明資産とは?

    一人ひとりが「Well-Being」であること。 それこそがもっとも大切な透明資産

    一人ひとりが「Well-Being」であること。それこそがもっとも…

  5. 透明資産とは?

    「外観」で強みを伝える物語コーポレーション。それによって生まれるブランド力こそ透明資産

    コロナウィルス禍にあって比較的影響が少なかったのが焼肉店です。…

  6. 透明資産とは?

    スタッフのお店への愛着や強い思い。 それを知っていただける発信に努めよう

    これまで本ブログでお話ししてきたように、「透明資産」は、そのお店の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 透明資産とは?

    よい人間関係は人を健康に、幸福にし それが透明資産な組織をつくる
  2. 透明資産とは?

    高いQSCと、お客様に寄り添う姿勢。さらに輝きを増す「餃子の王将」の透明資産
  3. 透明資産とは?

    心と外部のスペースがともにWellな状態。 それがお客様の心をWellにしていく…
  4. SDGs

    食文化の観点から見た肉を扱う意義は 「食の原点」を見つめなおすことにある
  5. ゼロステージ・マーケティング

    コロナショック対策として、外食のテイクアウト強化は意義ある取り組み。
PAGE TOP