透明資産とは?

自分自身を「こうありたい」ものにする。 それが組織の透明資産づくり出発点

「Well-Being」になるための絶対条件である「よい人間関係」。それを築くうえでのスタートは「一対一」のよい関係をつくることです。なぜなら、それが人間関係の基本だからです。

そして、その関係性は「対等なもの」であるべきです。「フィフティ・フィフティ(50%対50%)という言葉がありますが、人間関係とはまさにそうで、人間とは本来は対等に人間関係をつくっているものです。

ところが現実には、仕事の役職とか権威といった要素が入ってくるので、その関係性が複雑になっていくのです。

一対一の人間関係の延長線上にあるのが集団の人間関係です。本来はここでも、人間関係を対等に保ちながら、その数を増やしていくべきものです。ところが集団になると、それぞれの人間関係や一人ひとりの個性が影響を及ぼします。これが関係性をさらに複雑にしていくのですが、だからこそおもしろいともいえます。

集団の中でよい人間関係をつくっていくためには、まず「良好な人間関係を築けているのはどのような時か(または誰と、か)」「人間関係を築くのが難しいと感じるのはどのような時か(または誰と、か)」を自分の中で明確にする必要があります。

そうして自分自身の人間関係についての意識レベルを把握したうえで、次の3つのことを実践していきます。

①自分が何を求めているのかを知る(他の人がそれを与えたくなるような人になる)
②相手が何を求めているのかを知る(願望、価値観、信念、ルール、恐怖など)
③相手が本当に求めているものを与える(相手に快感を与える方法を見つけることを習慣にする)

ここで大切なのは、「自らを知る」のがスタートであることです。人間関係というとどうしても、相手がどう思うか、それに対してどう思い行動するかをまず問題にしがちです。

しかしWell-Beingの考え方に立てば、出発点は「自分自身がどうありたいか」でなければなりません。なぜなら自らがWell-Beingすなわち幸福でなければ、関係を持つ相手に幸福感を与えることはできないからです。

そのためのスタートが、自分自身の意識レベルを正しく認識することです。それができて初めて、関係を持つ相手の意識レベルも理解でき、その人のニーズを満たす行動ができるようになります。

「こうありたい」と思う人間関係をつくるために、まず自分自身を「こうありたい」思えるものにしていく。その結果として得られる幸福感こそ、組織にとって最大の「透明資産」になります。

ー勝田耕司

関連記事

  1. 透明資産とは?

    インバウンド客にぜひとも知ってほしい日本の食を支えるご当地外食チェーン

    東京・新宿にこの春開業した「東急歌舞伎町タワー」が大盛況です。マスコミ…

  2. SDGs

    SDGsは食産業にとっても重要なテーマ。

    〜SDGsは食産業にとっても重要なテーマ。その取り組みをわかりやす…

  3. ゲコノミ

    ノンアルをただ「揃える」のではなく、「人々を幸せにする」という考えが不可欠

    ゲコノミニケーションの目的は、お酒を飲む人(ノミ)と飲まない人(ゲコ)…

  4. 透明資産とは?

    感情を前に進むエネルギーに変えると それがかけがえのない透明資産になる

    感情を前に進むエネルギーに変えるとそれがかけがえのない透明資産にな…

  5. 透明資産とは?

    透明資産とは?

    透明資産とは?目には見えないけれど、〝人〟〝商品〟〝ノウハウ〟…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 透明資産とは?

    魚金が開発した新業態のとんかつ店は 透明資産を生かし、その価値を高める取り組み…
  2. SDGs

    広がる「ゲコノミニケーション」の輪。あらゆる人々に開かれた場こそ透明資産
  3. ゲコノミ二ケーション

    外食をとりまくすべての人々と連携してゲコノミニケーションの実践に取り組もう
  4. SDGs

    肉を育てる「ファミリー」の一員になる、その意識こそが透明資産につながる。
  5. 透明資産とは?

    WELL-SPACE(Wellな空間)こそ透明資産。 その第一歩は心のスペースづ…
PAGE TOP