透明資産とは?

賃上げ、価格アップの流れを定着させるには「チームとして勝つ」という考え方が不可欠

バブル経済崩壊以降30年にわたって続いた日本の悪しき流れがいま、大きく変わろうとしています。ひとつはデフレの終焉。エネルギー価格の高騰やさまざまなコスト上昇によって、物価が急速に上がっています。

 

 

外食業界においても、これまでの低価格一辺倒から脱して、業界全体として中身に見合った適正な対価をいただこうという方向にシフトしてきました。そして、お客様の意識も徐々に、それを自然なこととして受け入れるようになってきています。

 

 

もうひとつの悪しき流れは、この30年間ほとんど賃金が上がらなかったことです。結果として日本の労働者の賃金は国際的にみてきわめて低いものにとどまり、とても先進国とは言えない水準になっていました。

 

 

その状況から脱しようと、今年の春闘では大幅な基本給アップに踏み切る企業が相次いでいます。これもまた、日本経済全体の底上げを図るという意味で望ましいことと言えます。

 

 

大切なのは、そうした流れを社会全体に広げていくことです。賃上げのニュースが連日マスコミを賑わせていますが、それは大企業中心の話であり、日本の企業の大多数を占める中小企業は賃上げの体力がないところがほとんどです。

 

 

逆に、大企業が賃上げの原資を生み出すために下請けの中小企業にさらなるコスト削減を迫るといった動きも出ています。

 

 

これでは、中小企業はますます体力を奪われ、日本の産業全体として賃上げを実現することはできません。

 

 

そこでいま必要なのは「チーム」という考え方だと思います。日本の産業全体をひとつのチームと捉えて、チームとして勝利する=チーム全員の賃上げを図るためにどうするかを考える。これは、自分だけがいい思いをするのではなく、他人を含めた社会全体の幸福感を追求するという、人としてあるべき姿にもつながります。

 

 

外食業界でも、賃上げは人材確保のために不可欠ですし、スタッフに誇りをもって働いてもらうためにも重要です。価格を引き上げるにはQSCを維持・向上させていくことが大前提ですから、そのためにもモチベーションアップは欠かせません。そして、さらに重要なのは「チーム全員の賃上げを実現する」ということです。

 

 

ここでいうチームは、店や企業に勤める人々だけでなく、取引業者などを含めてビジネスに関わる人々の総称です。そうしたチーム全員が利益を得られるような価格設定と、それを実現できる商品開発に取り組む。これこそが、いま外食業界で求められています。

 

 

そうであってこそ、価格に見合ったバリューアップが可能になり、お客様からの信頼を高めることができます。そして同時に「チームの勝利」という価値ある透明資産を得ることができるのです。

 

 

ー勝田耕司

関連記事

  1. hospitason cafe

    「ハピネス・アドバンテージ」こそ透明資産。 脳を前向きにする最大のエネルギーになる

    前回お話した「内発的モチベーション」とは、自分が描いた「人生の物語」の…

  2. SDGs

    食文化の観点から見た肉を扱う意義は 「食の原点」を見つめなおすことにある

    SDGsの視点から見た、肉という食材の大切さについてお話ししています。…

  3. 透明資産とは?

    輸出急増で「SAKE」へと進化した日本酒。ストーリーこそ世界が認めるブランドの源泉

    全国の約1700の酒蔵が加盟している日本酒造組合連合会の発表によれば、…

  4. ゼロコスト戦略

    激変する飲食店とWeb媒体の関係。 SNSでの「透明資産」の発信が不可欠に

    激変する飲食店とWeb媒体の関係。SNSでの「透明資産」の発信が不…

  5. 透明資産とは?

    「クリスプ・サラダワークス」が取り組む、コロナウィルス禍での外食の社会貢献

    〜「クリスプ・サラダワークス」が取り組むコロナウィルス禍での外食…

  6. 透明資産とは?

    10月以降は値上げが避けられない生ビール。その店ならではの透明資産がより大切に

    食材やエネルギーコストなどさまざまなものが値上がりしていますが、多くの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 透明資産とは?

    食のSDGs実現に取り組むうえで注目したい食材のひとつが「肉」
  2. 透明資産とは?

    鳥貴族の新業態「トリキバーガー」に 感じる、この会社ならではの透明資産
  3. 透明資産とは?

    いまのマクドナルドに感じるのは戦略の一貫性。 それこそが強みであり、最大の透明資…
  4. 透明資産とは?

    高いQSCと、お客様に寄り添う姿勢。さらに輝きを増す「餃子の王将」の透明資産
  5. 透明資産とは?

    お客様が期待するものをきちんと提供する。 “売り”を明確にすることこそ外食復活…
PAGE TOP