透明資産とは?

10月以降は値上げが避けられない生ビール。その店ならではの透明資産がより大切に

食材やエネルギーコストなどさまざまなものが値上がりしていますが、多くの飲食店にとって影響が大きいもののひとつがビールでしょう。

 

大手ビールメーカー4社が4月から5月にかけて値上げを発表し、この10月から小売・卸売ともに価格が上がります。業務用生ビールの卸売価格は2018年以来、4年ぶりの値上げです。

 

かつてのように「とりあえずビール」の時代ではなくなったとはいえ、ドリンクの売上げに占める比率が依然として高い生ビール。飲食店でも値上げは避けられない状況で、その価格をお客様に納得していただくための取り組みがこれまで以上に必要になります。

 

そこで大切なのは、本当においしいビールをお客様に提供したいという想いです。ビールという商品自体は、同じメーカーの同じ銘柄を使っている限り他店との違いはありません。しかし、お客様に対する想いの強さが、結果として品質の違いとなって表れます。

 

東京・新橋に「ビアライゼ’98」というビアレストランがあります。この店のオーナーは、かつて東京・八重洲にあったビアバーの名店「灘コロンビア」で修業を積み、灘コロンビアの閉店にあたってビールを注ぐビアサーバーを受け継ぎました。

 

製造から70年以上が経ち、現存するものの中では日本最古といわれるビアサーバーはきめ細かな泡をつくれるのが特徴。オーナーが持つ高い注ぎの技術と相まって、決して他店では味わえない生ビールを提供しています。

 

ビアライゼ’98のビールは「スーパードライ」をはじめとするアサヒビールですが、初めて味わったお客様は皆一様に「これがいつも飲んでいるアサヒのビールか」と驚かれるといいます。

 

昭和9年開店と、現存する日本最古のビアホール「ビヤホールライオン銀座七丁目店」も、生ビールのクオリティの高さで日本を代表するお店です。

 

同店の公式ホームページには「職人の技」として、在籍する3名のスタッフによる注ぎの技術やビールに対する想いが紹介されています。

 

総席数300席近い大型店でありながら、一杯のビールに対するこだわりを貫いていることが、長きにわたってビアホールの名店として高い支持を得てきた最大の理由です。

 

この2店に共通しているのはお客様への強い想いであり、それこそがもっとも価値ある透明資産なのです。

 

10月以降、これらのお店でも生ビールの価格は上げざるを得なくなるでしょうが、それによってお客様の支持を失うことはないでしょう。

 

なぜなら、お客様は価格を基準にしてお店を選んでいるわけではないからです。その店が蓄積してきた独自の透明資産こそが、お客様にとって最大の魅力であり、その店を選ぶ一番の理由なのですから。

 

ー 勝田耕司

関連記事

  1. ゼロコスト戦略

    『透明資産』を使って、『ゼロコスト戦略』を実行する。

    今から8年前。飲食店のご繁盛をサポートしようと起業。キリン…

  2. 透明資産とは?

    スタッフの強い思いがSNS発信のベース。 そのことを示したスターバックスコーヒー

    コロナウィルス禍で大手チェーンを含めて多くの外食店が休業を余儀なくされ…

  3. 透明資産とは?

    7年前から取り組んだ顧客との信頼関係構築が 「餃子の王将」にとって最大の透明資産になった

    ブランドというと何か高級品のようなイメージを持つ人が多いのですが、本当…

  4. 透明資産マーケティング

    野菜の自社栽培という決断をした壱番屋。 企業の前進を支えるのは大きなビジョン

    全国的な感染拡大が続くコロナウィルス禍が外食企業の経営に影を落とすなか…

  5. 透明資産とは?

    テイクアウト・宅配ビジネス成功の鍵はこの一品=透明資産を磨くことにある

    コロナウィルス禍の第7波の拡大が続いています。2020年春にはじまった…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 透明資産とは?

    幸福感は生きていくうえで不可欠な透明資産。 コロナウィルス禍はそれを浮き彫りにし…
  2. 透明資産とは?

    自ら飲食店を経営してみて実感した 「経営理念」と「透明資産」の大切さ
  3. 透明資産とは?

    お客様の期待を裏切った「スシロー」の失点。透明資産の大切さを見つめなおす契機にし…
  4. 透明資産とは?

    「たすけてください」の文字に込めた思い。 竹内酒造が実践した透明資産マーケティン…
  5. 透明資産とは?

    キラーメニューの存在こそ成功の鍵。 それを実感させられる外食大手の新業態
PAGE TOP