透明資産とは?

バス会社が企画した「車庫巡りツアー」は 透明資産を生かしたユニークな取り組み

ー 需要の蒸発に苦しむ観光業界。

ホテルや旅館などの宿泊業以上に厳しい状況に置かれているのが、人の移動に直接かかわるビジネスです。JRをはじめとする鉄道会社や航空会社は前例のない業績悪化に陥っています。旅行代理店なども同様で、最大手のJTBも今冬のボーナス不支給を早々に決めました。

大手企業ですらそうした状況ですから、中小・零細企業の厳しさは言うまでもありません。少し前までインバウンド需要に沸いていた観光関連業種のひとつであるバス会社はとくに深刻で、経営破綻に追い込まれるところが次々と出ました。なんとか持ちこたえている会社でも、まったく先の見えない状況が続いていることには変わりありません。

しかし、だからこそ生き残りのためにさまざまなアイデアを出し、新しいプラン提案につなげようという動きが見られます。そして、その原動力となっているのが「透明資産」の活用です。

愛知県名古屋市に本社がある名阪近鉄旅行では、親会社の名阪近鉄バスと組んで「バス車庫巡り」のツアーを企画しています。名古屋市と岐阜県大垣市にある計3ヵ所の車庫を日帰りで巡るというもの。

バス旅行の中止で稼働できないバスが車庫に集まっており、その中には座席が総革張りの超高級バスや、インバウンド客向けの特別仕様のバスがあります。そうした普段目にすることがない車両を、バス好きの人々に見て楽しんでいただこうという趣向です。

他にも、教習用のバスに乗ったり、運転席に座ってドアの開閉作業をしたり、バスに乗車したまま洗車機に入って車内から洗車の様子を見たりといった、普段はできない体験がふんだんに用意されています。運賃表示器などの備品類のオークション販売もあり、バス好きにはこたえられないツアーとして評判を呼んでいます。

名阪近鉄旅行ではコロナウィルスの影響により、7月のバス運行台数が前年の1割にまで落ち込んでしまいました。車庫に多くのバスが並んだままの状態が続きましたが、それを見た添乗員が・・・

「これだけのバスが一堂に会する機会はなかなかない。それを見てもらえば、バス好きのお客さまが喜ぶのではないか」

と考えたのが、この企画のきっかけだったそうです。

バスは移動のための交通手段ですが、それ自体が愛好家には魅力的なコンテンツです。多くのバスを持つというバス会社にとって当り前なことも、お客さまから見ると魅力であり、それこそが透明資産。

少し視点を変えれば、普通に存在しているものが宝の山になることを教えてくれる、ユニークな取り組みといえるでしょう。

ー勝田耕司

関連記事

  1. 透明資産とは?

    業態発想という透明資産が生み出した テンアライドの新業態「てんぐ大ホール」

    感染者数が低下傾向にあるとはいえ、依然としてコロナウィルス禍は落ち着き…

  2. SDGs

    フードロス削減に技術を活用する食品メーカー

    〜フードロス削減に技術を活用する食品メーカー。その視点は外食企業で…

  3. 透明資産とは?

    日本ならではの特別な外食体験。その価値を磨くことこそインバウンド本格回復の鍵

    先日の日本経済新聞に「インバウンド消費が本格回復の兆し」という趣旨の記…

  4. 透明資産とは?

    「想い」を伝える透明資産マーケティングは外食大手が社会のインフラになる原動力

    「想い」の強さが商品やサービスのクオリティを決め、それがお客様の満足度…

  5. 透明資産とは?

    いまのマクドナルドに感じるのは戦略の一貫性。 それこそが強みであり、最大の透明資産

    ファストフード最大手の「マクドナルド」は依然として絶好調です。…

  6. 透明資産とは?

    一人ひとりが「Well-Being」であること。 それこそがもっとも大切な透明資産

    一人ひとりが「Well-Being」であること。それこそがもっとも…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 透明資産とは?

    コロナ禍で急増した食べ物の自動販売機は “体験”という価値を提供できない点が危…
  2. 透明資産とは?

    「お客様のためになったのか」という視点からコロナ禍での取り組みを見直すことが出発…
  3. 透明資産とは?

    「お客さまが本当に知りたいこと」を伝える。 鉄則を押さえた「一の湯」の情報発信
  4. ゲコノミ

    これからは「ゲコノミ二ケーション」の時代。 飲食店こそが、その担い手になるべき…
  5. 透明資産とは?

    「たすけてください」の文字に込めた思い。 竹内酒造が実践した透明資産マーケティン…
PAGE TOP